釜山(韓国)

釜山のマチュピチュ。甘川文化村でアート散歩

 

カラフルな甘川文化村

ぱらぱらガイドブックをめくっていたら、かわいい写真を見つけました。

釜山の甘川文化村(カムチョンムンファマウル)。

カラフルに建物が塗られたまちは、アジアとは思えない、おもちゃ箱をひっくり返したような景色。

チャガルチ市場で食べ歩きお腹がいっぱいになったあと、おさんぽがてら、行ってみました。

甘川文化村とは

甘川文化村のカラフルな家屋

南浦洞からバスで20分程度、山あいの急斜面に立つ集落。

建物をカラフルに塗って、町のいたるところにアートが点在。

その景観から「釜山のマチュピチュ」ともいわれているそう。

自然発生的なものとは違って、町おこしの一環として、人工的につくられた景観でもあります。

甘川文化村へのアクセス

最寄駅は、地下鉄1号線の土城(トソン)駅ですが、村へのアクセスは急斜面をのぼるため、徒歩での移動は無謀です。乗り物にのりましょう〜!

タクシーで甘川文化村へ

タクシーの車内

公共交通機関での移動を是としているコムギですが、今回はタクシーでいきました。

ひとりなのにタクシー移動なんて。

バスがあるのにタクシー移動なんて!!

贅沢は敵だ!

昭和生まれコムギには謎の罪悪感がうまれましたが、今回はタクシーで正解でしたよ!

タクシーがオススメの理由

  • 釜山はタクシー料金が安い(初乗り2kmまで約280円)
  • 現在地のチャガルチ市場から、わりと近い(タクシーでも高くない)
  • 地下鉄+バスの乗り継ぎだと時間がかかる
  • 自分で考えなくても連れて行ってもらえる

チャガルチ市場のすぐ前の道路からタクシーをつかまえて、甘川文化村入り口まで5,000ウォン弱(約500円)でした。

現在位置にもよりますが、南浦洞、チャガルチ付近にいるのでしたらタクシーがおすすめです!

ちなみに、かなりの急斜面をのぼるため、徒歩での移動は無謀です!そんな人いないか。

バスでのアクセスは?

南浦洞の停留所から17番バス乗車、終点で下車(約20分)
そこからマウルバスの乗り換えて「甘川初等学校」で下車(約5分)

なにこの難易度の高い情報・・。

マウルバスって、なんやねん。

ということで、コムギは諦め、タクシーに乗りましたとさ!

甘川文化村の入り口

甘川文化村の入り口の魚アート

外国人観光客はあまりおらず、現地の女の子たちやカップルでいっぱい!

エントランスまえにあるお魚アート前では、ひっきりなしに写真撮影が行われている。

ポーズを決める彼女をパシャパシャ撮影する彼氏。微笑ましいデス!

観光案内所でマップを買おう

甘川文化村日本語観光マップ

マップを手に入れよう。

マップは観光案内所で買うことができます。

日本語もある。2,000ウォン(約200円)。

甘川文化村のみどころ

その景観がすばらしい

海が見える

まずはカラフルな街並みをお楽しみください♪

ふつうに歩けば1時間もかかりません。

ここ甘川文化村では、外国人観光客はほとんどおらず、韓国の女の子たちでいっぱいでした。

みんな可愛い写真を撮ろうと奮闘してました。

インスタ映え、バツグンだものね〜。

スカイフロアの展望台にのぼろう

甘川文化村スカイフロアの展望台

まずは、入り口付近の「スカイフロア」を目指そう!

いちばん甘川文化村らしい景観に出会えます。

遠くには、漁港も見えます。

おもちゃみたいな甘川文化村

うーん、カラフル!

おもちゃみたい。作りモノみたい。

道中の道も楽しい。とにかくカラフル!

カワイイ標識 水玉アートのマンホール

マンホールも可愛い。

カラフルな街並み 甘川文化村のカラフルな街並み

路地に迷いこむのも楽しい。

迷路みたいです!

お店もいっぱいあるよ

若い女性でにぎわう甘川文化村

甘川文化村は観光のためにつくられたスポット。

お茶休憩をしたり、おみやげを買ったりするお店がちゃんとあります。

イクラみたいなビジュアルの饅頭

おまんじゅうも、アートに見えますね。

写真を見た友人から「イクラみたいやな。何味?」とのコメントをいただきました。

食べていないから真相不明です。

カフェや、おみやげ物屋さんもありましたよ〜!

Beautiful!! なニャンコもいます

甘川文化村でじゃれ合うニャンコ

観光客にも動じないニャンコたち。

カメラ攻勢にも動じず麗しいお姿。

壁アートがたくさん

インスタ映え抜群のスポットたち。

コムギは一人旅、かつ、写真撮影に耐えないビジュアルのため自撮り撮影していませんが、ソウルの可愛子ちゃんたちは、こぞって撮影していました。

甘川文化村のキスアート

ハングル文字のアート 魚の壁アート 色とりどりの魚のアート

【甘川の顔】よくワカラナイ、アートもある

おじさんの顔アート

作品タイトル:甘川の顔
甘川住民と家並み、路地の階段、甘川の昼と夜の星が織り成す風景をイメージしたもの

だそうです。

なんだこれ?

アートって難解ですよね。

甘内コル発電所にあるジオラマ

甘川文化村のミニチュア

甘川文化村のジオラマ(?)

本物の街も遠くから眺めるとジオラマにみえるので、至近距離でジオラマ(模型)をみると妙な気分になります。

「動く村」、外にあるジオラマ

動く村

甘川の家、その思い出をミニュチュアで表現。

星の王子様と砂漠のキツネ

甘川文化村 星の王子様と砂漠のキツネ

「大切なことは目に見えないんだ」

星の王子様に教えてくれるキツネと、星の王子様。

なぜここ、甘川文化村にいるのかは謎ですが、ふたりが甘川文化村をながめているというのがグッと来ますね。

星の王子様の物語をひっくるめての、素敵な作品!

写真撮影に並ぶ人々

ここ甘川文化村の中で、唯一、行列になっていましたよー。

ペルーはとても遠いから。釜山のマチュピチュを散歩しよう

甘川文化村の会がとミラー

 

甘川文化村と海

ペルーのマチュピチュへは簡単には行けないけれど、釜山のマチュピチュ・甘川文化村ならば気軽に行けるね!

甘川文化村の街並みは歴史的にこのようであったわけではなく、町おこしとしてこのような景観に整備されたものです。

地理的な名産や名物がなくっても、史実上重要な場所じゃなくても、観光客を集めることができる。

アートで集客するステキな試みだなあ、と思います。

韓国といえば、美容やグルメで旅行プランが終わってしまいがち。

そんなマンネリ旅のアクセントに、アート散歩がオススメ。

きっとステキな時間をすごせますよ。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. アジア最後の秘境!ミャンマーってどんな国?
  2. 週末海外!3泊4日でウルル登頂してきた(エアーズ・ロック)
  3. 海上の高層住宅群へ!軍艦島クルーズツアー乗船体験記
  4. 大連で出会ったエンタメ食!回転寿司ならぬ回転”火鍋”
  5. 3連休で行く弾丸カトマンズ!現地滞在たったの1.5日でもこれだけ楽しめる!

関連記事

  1. 釜山(韓国)

    インスタ映えバツグン!釜山で出会ったカラフルスイーツたち

    糖質は酒からしか摂らないと決めているコムギ…

  2. 釜山(韓国)

    釜山でチムジルバンに泊まるならばココ!釜山駅徒歩2分「バリー・アクアランド」

    釜山の旅で、宿泊施設としてチムジルバンへ行くならば、ダント…

  3. 釜山(韓国)

    絶景!海の岩場に立つ寺・海東竜宮寺

    海外弾丸旅のまえは、お寺巡りを趣味として駆…

  4. 釜山(韓国)

    海が見える♪釜山・広安里ビーチのおすすめカフェ4選

    釜山の2大人気ビーチのひとつ・広安里ビーチ。ビーチ沿いに林…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. マレーシアリンギット

    週末旅行ノウハウ

    現地通貨を余らせずに遣いきるコツ
  2. ギリシャ

    ギリシャに行ったら絶対食べたい!ギリシャ料理図鑑
  3. イスラエル・パレスチナ

    エルサレム旧市街の城壁を歩く!Ramparts Walk体験記
  4. 乗継 待機 しんどい

    週末旅行ノウハウ

    格安航空券の避けられないデメリット。乗継のストレスから解放するアイデア4つ。
  5. ホイアン(ベトナム)

    物欲全開!ホイアンでプチプラ可愛いベトナム雑貨ショッピング
PAGE TOP