山形県

おくのほそ道を歩く|尾花沢

 

もりそば

大阪在住の会社員コムギの、
スパルタントラベラー日記。

おくのほそ道ゆかりの地めぐり。

おくのほそ道〈出羽路〉
尾花沢

おくのほそ道:尾花沢

尾花沢にて:旧知の豪商・鈴木清風を訪ね10泊する。

おくのほそ道の旅で、ひとつところに一番長く滞在したのが、こちらの尾花沢。

掲載箇所

尾花沢にて清風(せいふう)といふ者を尋ぬ。
かれは富るものなれども、志いやしからず。
都にも折々かよひて、さすがに旅の情けをも知りたれば、日ごろとどめて、長途のいたはり、さまざまにもてなしはべる。

涼しさを 我が宿にして ねまるなり
這い出でよ かひやが下の ひきの声
まゆはきを 俤(おもかげ)にして 紅粉の花
蚕飼(こがい)する 人は古代の すがたかな 曽良

おくのほそ道ゆかりの地:
尾花沢を歩く

尾花沢では、

芭蕉・清風記念館
養泉寺
清風邸前
尾花沢そば街道で蕎麦を食べる

▼ 尾花沢を訪れた旅
リンクカード

新町中央(バス停)よりスタート

銀山温泉から大石田駅へ戻る途中、バス停「新町中央」で下車しました。目的地のひとつ、芭蕉・清風記念館に最寄りのバス停だからです。

新町中央バス停

尾花沢そば街道
名代そば処 福原屋

尾花沢そば街道なるものがあるらしい。大石田駅でもらったパンフレットに乗っていた。目的地に近いし、まずは腹ごしらえだ。

名代そば処 福原屋

メニューの「尾花沢牛ラーメン」が気になったけれど、やめておく。だって、お蕎麦やさんだよね!?

名代そば処 福原屋の店内

天ざるを選びました。

天ぷら

天ざる ¥1,760

まっすぐで、つややかな蕎麦。ボリュームもある。

もりそば

天ぷらは、海老、しそ、舞茸、山菜など。山菜がはいっているとテンションがあがるわ。

天ぷら

お漬物。

つけもの

名代そば処 福原屋
山形県尾花沢市横町1丁目3-1
Googleマップ
福原屋 – 大石田(食べログ)

尾花沢を歩く

赤い鳥居の神社を通り過ぎる。

赤い鳥居

なんの変哲もない住宅街。

尾花沢の道路

その奥に、養泉寺はありました。

養泉寺

養泉寺:芭蕉が尾花沢滞在10泊のうち7泊宿泊した寺。

養泉寺

主張が強い。
昔から、参拝客が多いのだろう。

養泉寺の看板

仁王門

養泉寺 養泉寺の説明板

独特のお顔立ちの仁王像。

仁王像

素朴な造形の神馬像。

馬

本堂

養泉寺

芭蕉ゆかりの井戸

芭蕉と曽良が訪れた元禄二年以降、火災で焼失した養泉寺。

当時から残るのは、この井戸だけなのだとか。それが「芭蕉ゆかりの」由来。

芭蕉ゆかりの井戸

芭蕉ゆかりの井戸

紫色の花

芭蕉句碑

小屋に囲われていた。

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

涼しさを 我が宿にして ねまるなり

尾花沢の過ごしやすさを称賛した、芭蕉の挨拶の句。

芭蕉、清風、曽良、薫英の句がならぶ句碑もあった。

芭蕉の句碑

境内は開放的だけれど、静か。

養泉寺の境内

御朱印をいただくには

向かいのおうちへ。

養泉寺の御朱印注意書き

ご不在でしたので、駐車場ないの書き置きをいただく。

養泉寺の御朱印

養泉寺
山形県尾花沢市梺町2丁目4-6
Googleマップ

清風邸前

豪商で俳人の鈴木清風の邸宅。

いまは駐車場になっている一角。

清風邸前

かつては豪邸があったところ。

清風邸前の看板

清風邸前
Googleマップ登録なし

芭蕉・清風記念館

芭蕉・清風記念館:芭蕉と尾花沢の豪商かつ文化人の清風についての資料館。

芭蕉・清風記念館の外観

館のまえには、芭蕉像。

芭蕉像

館内は古民家で、趣あり。

芭蕉・清風記念館

民具の展示もありました。

蓑

芭蕉・清風記念館
山形県尾花沢市中町5-36
Googleマップ

おくのほそ道・尾花沢はこれにて終了。

移動:
新町中央(バス停)~大石田

大石田駅へもどります。徒歩だと30分くらいなので、バスに乗る。

尾花沢市営バス 銀山線 ¥240
新町中央ー大石田駅前

新町中央(バス停)

新町中央バス停

大石田駅前

大石田駅

このあと、大石田のスポットめぐりをしました。

尾花沢を歩き終えて

尾花沢は、

銀山温泉、大石田とセット観光がおすすめ
●尾花沢そば旨し
●紅の花は見れなかった

おくのほそ道ゆかりの地をたずねる旅。
まだまだ続く。

▼次の旅:山寺

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




色の浜の小貝おくのほそ道を歩く|色の浜 ますほの小貝を拾う前のページ

【週末弾丸】青春18きっぷでいく”おくのほそ道”北陸路(福井・松岡・敦賀・小松)次のページ

ピックアップ記事

  1. チップとは似て非なる「バクシーシ」って何?
  2. 日本三大美肌の湯・嬉野温泉で美肌を目指す
  3. 百寺をめぐる私の御朱印帳コレクション
  4. 【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “奥州藤原氏とともに栄えたみちのくの黄金郷”
  5. ナイル川クルーズ(2)”王家の谷” 偉大なるファラオが永…

関連記事

  1. ゴツゴツ石

    山形県

    おくのほそ道古道(月山旧登拝道)を歩く

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  2. 白装束の登山者

    山形県

    出羽三山生まれかわりの旅【過去:月山】

    週末に登る百名山!大阪在住の会社員…

  3. 大正レトロの銀山温泉

    山形県

    大正レトロな湯町・銀山温泉で絶対にやりたいこと5つ

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  4. 湯殿山神社

    山形県

    出羽三山生まれかわりの旅【未来:湯殿山】

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  5. 王将の駒の碑

    山形県

    おくのほそ道を歩く|天童 将棋の駒のまち

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  6. 山形県

    おくのほそ道を歩く|最上川舟くだり

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 羊の頭スタイル

    釜山(韓国)

    釜山のチムジルバン6選!アクセス&特徴まとめ
  2. 青いドームの教会

    ギリシャ

    女子ひとり旅【サントリーニ島】フィロステファニはインスタ映えスポットがたくさん
  3. ギリシャ

    弾丸アテネ観光!たった1日でも遺跡×グルメをたっぷり満喫。旅のスケジュール公開
  4. 牛に引かれて善光寺まいりの絵画

    長野県

    長野に来たらスルー不可避!荘厳な雰囲気に包まれる善光寺へ
  5. ロシア

    ひとつひとつが小さな地下美術館・モスクワ豪華地下鉄駅をめぐろう!
PAGE TOP