沖縄県

【読谷よみたん】訪れるべきスポット10選!

 

やちむん

大阪在住の会社員コムギの、
週末に行くスパルタントラベラー日記。

読谷地区のスポットを紹介します。

沖縄は海だけじゃありません。読谷地区は、

● 読谷は「よみたん」と読む
● 米軍の沖縄上陸の地
● ざわわのフレーズの名曲「さとうきび畑」の地
● 琉球王国を統一した尚巴志の墓がある
残波岬灯台からのぞむ海岸線は絶景

今回の旅では、原付バイクをレンタル。

さとうきび畑と原付バイク

読谷地区観光に要した時間:8:30~16:00

ゆっくりまわって約7時間半でした。

読谷のいくべきスポットはこちら、

● 尚巴志の墓
● 座喜味城跡&ユンタンザミュージアム
● 残波岬灯台
● 残波ビーチ
● 宇座海岸の石切場跡
● さとうきび畑歌碑広場
掩体壕・義烈空挺隊玉砕之地碑
● シムクガマ
● チビチリガマ
● やちむんの里

尚巴志の墓

尚巴志は、

●琉球王国を初めて統一した人物
●尚巴志は二代目王

尚巴志の墓は、

●サシチムイ(佐敷森)と呼ばれる雑木林の岩陰にある
●最初は、首里の天山陵に葬られていた
●のちの尚円王擁立のクーデターの際に隠された

ハブ注意

このあたりはハブが出るとのことですが、訪問時の11月はハブは冬眠中だから大丈夫と村民の方に伺う。

ハブに注意の看板

ココなの!?密林のなかの墓
(ここじゃなかった)

琉球王国を統一した人物だもの。尚巴志は、教科書にだって載っている偉人。そんな方のお墓、こんなところに?

読谷村ガイドブックを読んで、いったところはここではなかったと判明。ほぼ近かったのに悔しい〜!

まあ、近い雰囲気を感じ取ってください。

公道から小さい道に入ってすすむと、すぐ行き止まりに。バイクは停めておく。

尚巴志の墓へ行く前に原付バイクを停める

Googleまっぷではココを指しているのだが。果たしてこれは、道なのか?

尚巴志の墓への入り口

行先を木枝に阻まれる。
長ズボン履いてきてよかったなあ。

木々で覆われた道

ゴミが不法投棄されていた。少し朽ちていた。でも朽ちていないものも。

ゴミの中を進む。
ひえ〜〜

ゴミが廃棄された道

なぜこんな場所に、わざわざゴミを捨てるのだろう。パッと見ると普通の家庭ゴミみたい。ゴミの収集日に出した方が早くない?何かの嫌がらせなの?

ゴミの山

ゴミゾーンを抜けると、うっすら道が見えた。

けれど、生い茂る南国の植物に阻まれる。

尚巴志の墓への密林

密林!
探検気分で、ちょいテンションがあがる。

植物

お、なんか開けたぞ。
きっと、この道であってたんだ。(ちがいます)

密林の中の獣道

植物の向こうに、岩の扉がありました。
結局これは、尚巴志王の墓ではなかったんだけれど、いったいなんだったのだろう。

尚巴志の墓と植物

ビックリする場所にありました。

密林の中の尚巴志の墓

尚巴志王の墓には行っていなかったけれど、雰囲気は汲み取れた。つぎはぜひ、登山ルックで挑みたい。

尚巴志の墓
沖縄県中頭郡読谷村
Googleマップ

座喜味城跡

●世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつ
●ゴサマルが築城
●琉球王国の安定に貢献した要塞の城

上空から見た座喜味城跡はこんなふう。
なんだか、美しい。

座喜味城跡のジオラマ

どっしりとした石垣。石垣は城郭面積の半分を占めているんだって。

座喜味城跡の石垣

城門と石垣と、南国の木。
本土のお城とは、まったく違うね。

座喜味城跡の城門

石垣に登ることができる。

座喜味城跡の石垣に登る階段

城郭を見下ろす。

座喜味城跡の石垣にのぼる

海も見える!
さすが、島のお城。

座喜味城跡の石垣

座喜味城跡の石垣にのぼる観光客

座喜味城跡の石垣にのぼる観光客

座喜味城の周囲は、整備された公園と広場になっていた。犬の散歩を楽しんでいる方が多かった。

座喜味城跡の石垣のプロムナード

座喜味城跡(座喜味城公園)
沖縄県中頭郡読谷村座喜味 708-6
Googleマップ

ユンタンザミュージアム

●ユンタンザ=読谷山
●座喜味城や読谷村の歴史が学べる
●座喜味城跡公園に隣接
●博物館+美術館
●亀甲墓、ガマ、座喜味城のジオラマあり
●入館料¥500

座喜味城跡に隣接する博物館+美術館。

ユンタンザミュージアム

沖縄の歴史や文化に、ほぼはじめてふれるコムギにはぴったり。1時間程度で回れます。

ずっと気になっていた、沖縄のお墓の模型がある。

ユンタンザミュージアムのお墓

中に入れます。
大きいよなあ。

亀甲墓の模型の内部

こちらで販売されていた読谷村読本は、500円なのにお値打ち!

読谷関連本3冊

ユンタンザミュージアム
沖縄県中頭郡読谷村座喜味708-6
Googleマップ

残波岬灯台

●読谷村の残波岬突端に立つ白亜の灯台
●高さ30m程度
●展望台への階段99段
●2kmに及ぶ断崖絶壁の雄大な景観が見事
●維持協力金は¥300
●夕焼けスポットとして有名

白亜の灯台が印象的なスポット。

残波岬灯台

周辺はゴツゴツした岩と、南国の植物。

残波岬灯台

周辺はこんな岩だらけ。

ゴツゴツした残波岬の岩

灯台に登ろう

残波岬灯台

エレベーターはないので、階段をのぼること99段。シンドイ。

残波岬灯台の階段

頂上は、風が強い!

残波岬灯台の展望台

断崖絶壁の海岸線が見渡せる。

残波岬から眺めた海岸線

地図を見下ろしているよう。

残波岬の海岸線

断崖絶壁に、釣り人がいた。

残波岬

遠くに見えているサンカクの山は、伊江島のイイジマタッチュウ。

遠くに見える島

残波岬灯台
沖縄県中頭郡読谷村宇座
Googleマップ

残波ビーチ

●残波岬」の西側に広がる本島中部のビーチ

海水浴シーズンは過ぎていた。
シーズンならば綺麗な海も楽しめちゃう。

残波ビーチ入り口

白い砂浜、透明感のある海、青い空。
コムギの思う沖縄の海ってこういう感じよ!

残波ビーチの綺麗な海

残波ビーチ
沖縄県中頭郡読谷村宇座1933
Googleマップ

宇座海岸の石切場跡

●読谷村の西海岸に残る
●干潮になると海中から石切り場が現れる
●切り出した石は満潮時の海水の浮力を利用し運搬
●「宇座石」と呼ばれる良質な石材が採れた

たまたま通りかかった絶景スポット。

宇座海岸の石切場跡の標識

ゴツゴツした変な岩があるなあと思ったら、以前は石切場だったところだった。

宇座海岸の石切場跡

こけたら痛そうなゴツゴツした岩と溜まった水。

宇座海岸の石切場跡

宇座海岸の石切場跡

水面から顔をだす岩。
干満の差で岩切場が姿を現す。

宇座海岸の石切場跡

干潮のときに石切作業をして、満潮時に浮力を利用して馬に石を積み上げる。

宇座海岸の石切場跡

そうやって、沖縄の巨大なお墓や石垣の石を切り出したのですね!

沖縄のお墓

沖縄の巨大な墓

宇座海岸の石切場跡
沖縄県中頭郡読谷村宇座
Googleマップ

さとうきび畑歌碑広場

●名曲「さとうきび畑」の生まれた地
●ボタンを押すと音楽が流れる
●背後にはさとうきび畑が広がる

ざわわ♪のフレーズで有名な曲

 ざわわ、ざわわ、ざわわ〜〜

このフレーズを聞くだけで涙腺が緩む。平和を希求する名曲。

 

ドラマ「さとうきび畑の唄」は、この歌をもとに制作されたドラマ。

 

この「さとうきび畑」の歌は、作詞作曲をした寺島尚彦氏が初めて沖縄を訪れたとき、激戦地のここ南部・摩文仁のさとうきび畑にたったときのインスピレーションを作品化したものだそう。

さとうきび畑歌碑

その記念碑が、広場となっている。

さとうきび畑歌碑広場入り口

歌詞が刻まれた大きな碑。こんなに長い曲だったのね。

「さとうきび畑の碑

ボタンを押すと、音楽が流れます。

さとうきび畑の歌の譜面

バックには、さとうきび畑が広がる。

一面のさとうきび畑

ざわわ、ざわわ、ざわわ〜

さとうきびの道

さとうきび畑歌碑広場
沖縄県中頭郡読谷村高志保496
Googleマップ

 

掩体壕・
義烈空挺隊玉砕之地碑

●掩体壕の隣
●掩体壕(えんたいごう)は、戦闘機格納庫

修学旅行生が訪れるところらしい。訪問時は、だれもいない静かなところだった。

バイクを停める。

停められた原付バイク

掩体壕は戦闘機の格納庫。

義烈空挺隊玉砕の地

掩体壕

発見されにくいような造形。

掩体壕

掩体壕付近から見た田畑。

掩体壕からみる読谷村

後ろから見た掩体壕。自然と一体化してる。

掩体壕

掩体壕の内部

義烈空挺隊玉砕の地
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2079
Googleマップ

 

シムクガマ

●ガマ=鍾乳洞窟
●米軍上陸、住民が逃げこんだところ
●ハワイ帰りの男性2名の説得により自決することなく全員投降
●避難民全員生き延びた
●奥に進むには装備が必要

シムクガマは自然洞窟。

草むらをすすむ。

シムクガマからの道

細い道の先に、

シムクガマへの道

土のしたの岩に大きな窟があるのです。

シムクガマへの道

植物も生い茂っていて、隠されている。

シムクガマ

シムクガマは千人ほど避難できたらしい。入り口も大きめで、奥も深いガマ。

シムクガマ

命が救われた人の碑。

シムクガマの殺命洞窟之碑

ガマからみる外界。
暗いところからみると、よりいっそう光が強く見える。

シムクガマの内部から見た景色

洞窟は奥まで深く続いている。怖くて暗くて、やめておく。

シムクガマの暗い洞窟

いくら大きめといっても、ここに千人か。

ヒリヒリした気持ちになる。

シムクガマの奥

シムクガマ
沖縄県中頭郡読谷村波平438
Googleマップ

チビチリガマ

●ガマ=鍾乳洞窟
●チビ=尻 チリ=切る
●米軍上陸、住民が逃げこんだところ
●家族間での集団自決がおこる
●避難民約140名のうち約83名死亡
●ガイドなしでは入れない

さきほどのシムクガマと異なり、ここは「家族間の集団自決」が起こった悲劇の場所。ユンタンザミュージアムには、ここチビチリガマの悲劇シーンのジオラマがありました。

ガマの内部の模型

米兵に辱めを受けるくらいなら、お母さんに殺してほしい

そうせがむ娘と刃物を握りしめた母の図。

がまで自決をする母娘

そんなチビチリガマへ。

公衆トイレの下が、チビチリガマの位置するところ。

チビチリガマの上に位置する公衆トイレ

向かいの階段を下っております。

チビチリガマへの入り口

大きいガジュマルの木が植わっていた。

大きなガジュマルの木

ものすごく立派な根。

ガジュマルの木の大きな根

たくさんのお地蔵さんがいた。

仏像

仏像と大きなガジュマルの木

チビチリガマの歌の木片も。

チビチリガマの歌の碑

チビチリガマは進入禁止

チビチリガマと千羽づる

ここから先はお墓につき、立ち入り禁止。

チビチリガマの案内書

ガマ入り口横でお祈りしよう。

チビチリガマ

チビチリガマ
沖縄県中頭郡読谷村波平1153
Googleマップ

 

やちむんの里

●沖縄の陶器「やちむん」の工房が集まる地域
●19の工房は、それぞれ独立して営業

陶房がいっぱい

沖縄の陶器、やちむんの陶房があつまるところ。よくわからないままきたので、迷子になった。

駐車場から一番手前のシーサーにつられて入ると、???

陶房の前のシーサー

ひとつの陶房の敷地内をグルグルしていたのでした。

建物

気を取り直して、陶房めぐり。

青い瓶がズラリ。これを再利用するのかな?

大量の青いガラス瓶

軒先に器を並べて展示販売している陶房も。

やちむん販売店

ズラリと並ぶ。

販売中のやちむん

やちむん

うーん、なにか買いたい!

やちむん

ショップは、狭くて所狭しと器がならぶ。リュックはお店のまえに置いておく。

おかれたリュック

陶房

陶房

かわいいシーサーがお出迎え。

登り窯

それはそれは、たいそう立派な登り窯がありました。

登り窯

まだ現役だろう。

登り窯

壮観だわ!

登り窯

やちむんの丼を買った

なにかひとつくらい、やちむん器がほしいなあ。どんぶりを買いました。

どっしりとして、藍色が好みだわ。

やちむんのどんぶり

やちむんの里
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1番地
Googleマップ

まとめ

読谷エリアは、わたしの思う「沖縄らしさ」が凝縮しているところ。

ほぼ初めて沖縄を観光するコムギにとっては、どこを訪れても新鮮でした。

文化や気候の違いが大きく、日本語は通じるけれど異国にきた感覚に陥ることも。まだまだ、読谷のことを知りたい。

読谷関連本3冊

ユンタンミュージアムで購入した読谷関連本。現地の小学生の学習教材のようなこの本で、次回の予習をしておこう。

おしまい。

▼原付でめぐる沖縄本島2日目:南城市
▼原付でめぐる沖縄本島2日目:読谷村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




坂内食堂のチャーシューめん紅葉の福島旅のスケジュール(喜多方,磐梯山,安達太良山)前のページ

【週末弾丸】世界遺産の富岡製糸場見学&湯けむり草津温泉次のページ草津温泉湯畑

ピックアップ記事

  1. 砂漠に生きるイケメンたち。アラブの遊牧民・ベドウィンがカッコイイ!
  2. ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと
  3. 【岩木山】青森の ”津軽富士”岩木山を登る!下山後は嶽温泉でサッパリ
  4. ビールも買った!ナイル川クルーズ船から降りてルクソール街歩き
  5. 薩摩の小京都 知覧武家屋敷の庭園めぐり

関連記事

  1. さとうきび畑と原付

    沖縄県

    【週末弾丸】原付バイクでめぐる沖縄本島(読谷よみたん)

    大阪在住の会社員コムギの、週末に行くス…

  2. 玉城城跡の城門

    沖縄県

    【週末弾丸】原付バイクでめぐる沖縄本島(南城市)

    大阪在住の会社員コムギの、週末に行くス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ミーソン遺跡のレリーフ

    ホイアン(ベトナム)

    なんと750円!世界遺産ミーソン遺跡へはホイアン発現地ツアーが格安でオススメ(た…
  2. パンダ

    ハルビン・成都(中国)

    乗り継ぎ時間で行く!成都パンダ繁殖基地(アクセス&注意点)
  3. アスワン鉄道駅のホーム

    エジプト

    エジプト国内移動は夜行列車がおすすめ!webでのチケット購入方法&一等車室の乗車…
  4. ミャンマー

    金色に輝くシュエダゴン・パゴダ。ミャンマー最大の聖地へ
  5. カフィーヤ

    ヨルダン

    魅惑のアラビア!ヨルダン・ハシミテ王国ってどんな国?
PAGE TOP