イスラエル・パレスチナ

エルサレム旧市街の城壁を歩く!Ramparts Walk体験記

 

城壁めぐりのコースから眺めるエルサレム旧市街


エルサレム旧市街を囲む城壁。この上を歩ける「城壁ウォーク(Ramparts Walk)」を楽しもう!迷路みたいな旧市街を歩くのとはまた違った楽しみ。上から眺めるエルサレム旧市街、なかなか楽しいのでおすすめ!

目次
1.城壁歩きについて
2.城壁を実際に歩いてみた
3.城壁を歩いて上からエルサレム旧市街を眺めてみよう!

城壁歩き(Ramparts walk)とは

エルサレム旧市街の城壁を歩こう

城壁歩きは、エルサレム旧市街の城壁のうち、ヤッフォ門からダマスカス門、ヘロデ門を経過し、ライオン門までの塀の上を歩くウォーキングコースのこと。

城壁めぐりのコース地図

高い城壁の上からエルサレム旧市街を眺めることができる、おすすめ観光スポットです!

営業時間

営業時間は、季節によって異なります。また、安息日の日の営業時間短くなりますのでご注意を!

4/1-9/30
毎日営業、9:00-17:00
10/1-3/31
毎日営業、9:00-16:00
金曜日&祝前日
9:00-14:00

城壁めぐりの営業時間案内板

ダマスクス門付近がハイライト

コムギはヤッフォ門からダマスクス門、ヘロデ門まで歩きましたが、ハイライトはダマスカス門付近でした。コースの真ん中なのでほとんどの人が外さないとは思いますが、ここは絶対行くべき。

ダマスカス門

時間がなければダマスカス門~ヘロデ門はパスしてOK

ダマスカス門〜ヘロデ門の塀の上は、工事中などで景観が悪いこともあり、さほど楽しくなかった。時間がなければパスし、ヤッフォ門〜ダマスカス門ルートのみに絞ってもいいかも

チケット&入場口

チケット販売:ヤッフォ門横のインフォメーションセンター

チケット販売は、ヤッフォ門横のインフォメーションセンターの横にあるチケットショップにて対面販売のみ。

チケット販売センター

城壁めぐりのチケット販売センター

入場料20ILS

入場料 20ILS(約630円)。

RampartsWalkのチケット

マップ:10ILS。

地図は有料でした。マップ:10ILS(約380円)。高い!

城壁めぐりの有料マップ

「地図は要る?」と聞かれたのでYES!と答えたら、まさかの有料だった。入場料のオマケでついてくるもんだと思い込んでた。地図があった方が楽しいかもしれないけれど、10ILSはちょっと割高かな。グループで行くならば、誰かが1枚買えば良いと思う。

トイレ事情

城壁めぐりのコースにはトイレはありません。ヤッフォ門横の入り口の手前には無料のトイレがあります。そちらで済ませておくこと。

ヤッフォ門横から入場

城壁めぐりのヤッフォ門横の入り口

ヤッフォ門横の狭い通路を通り、階段を登ります。登ったところに無料トイレもあるよ。

ヤッフォ門横の階段で入り口へ

なぜか、記念撮影のパネルがありました。へえ。

城壁めぐりの記念写真撮影用パネル

入り口ゲートは無人、バーコード読み取りで入場

チケットをかざして入場。

城壁めぐりのチケットチェックブース

ちなみに、出場ゲートも無人です。他の門もそうでした。

城壁を実際に歩いてみた

日曜日の午前、城壁めぐりスタート

歩いてみたのは、土曜日の午前10時頃。快晴のエルサレム、とっても気持ちよい。

ヤッフォ門のスタート地点

入り口付近には専属ガイドを同伴したご夫婦を2組みかけた程度で、ほとんどいませんでした。もしかして不人気!?

歩いたコースはこちら。

  • ヤッフォ門〜ダマスクス門
  • ダマスクス門〜ヘロデ門

おすすめコース!
ヤッフォ門〜ダマスクス門

見通しもよく、小学校や民家を近くに眺めながら歩くコース。生活感を楽しめてお勧めです。

人はあまりいなく、ガイドさんと一緒のご夫婦に2組あった程度。

ガイド同行で壁めぐりを楽しむ観光客

城壁めぐりは、「人気も少なく逃げ場もない」ことから、窃盗犯に気をつけること、と地球の歩き方に書いてありました。こんなに観光客のいないならば、窃盗犯も効率悪そう。

城壁から眺めるエルサレム旧市街

しかし、丸見えです。

石畳の城壁巡りコース

城壁の外は、イスラエル市街。壁を隔てて旧市街の外は、近代的なイスラエルの街。

ヤッフォ門付近の城外の様子

整備された広場も見えます。

ヤッフォ門付近の整備された美しい広場

城壁を歩くと、学校のバスケットコートが。

小学校のバスケットコート

城壁の通路はまだまだ続く。アトラクションみたいで楽しい。イスラエルでこんなウォーキングをしている状況も面白い。

城壁めぐりのコース

城壁めぐりの狭い道

この旅は2020年1月。過ぎ去ったクリスマスグッズの片付け準備中。屋根の上だけどね。

クリスマスの残骸

こんな道を歩く。良い天気!

城壁めぐりのコースから眺めるエルサレム旧市街

城壁には階段も。たまに傾斜のきついところもある。意外にも体力が必要。

イスラエル地区にさしかかったあたりの城壁めぐり

城壁の上から眺める、エルサレム旧市街のいたって普通の道。観光客が通らないような一般の道も城壁の上からはお見通し。

エルサレム旧市街のいたって普通の道

建物と外界の中を進みます。ワクワクは続く!

城壁ウォーク

それにしても、良い天気。

洗濯物がほされる生活感の溢れるエルサレム旧市街

城壁めぐりのルートでは、生活をのぞきみることも!

屋上で干された洗濯物が風になびく

エルサレム旧市街は3大宗教の聖地が集まる特別なところだけれど、普通に生活している人もいるのだよなあ。

城壁から眺めるエルサレム旧市街の「生活」

どんな気持ちなのだろう?聖地で暮らすってことは。

屋根に貫通している木を発見。

トタン屋根から突き出た大木

トタン屋根の下は、小学校の遊び場のよう。

屋根の下で遊ぶ子供達

そんな姿を横目に、城壁めぐりコースは進む。

小学校の横を通過する城壁めぐりの道

解体中なのか、建設中なのか?

工事中の建物

城壁めぐりの途中でよく見かけた「孔」。デザインかな、なにか意味があるのかな?

謎のデザインの塀

ふと、旧市街全体を眺める。
やはり、城壁の内と外ではまったく様子が違うね。

旧市街と外を分断する城壁

洗濯物がよく乾きそう。

城壁のなかの一般家屋

イスラム人地区に切り替わる。明らかに、景観が変わってくるのです。

イスラム地区にさしかかった城壁コース

3大宗教が混在するエルサレム旧市街ならではの不思議な体験ができるよ!

城壁巡りコースの階段 イスラム地区の丸いドーム

イスラム人地区に入り、入り口・出口ポイントのひとつ、ダマスカス門に到着です。

城壁歩きのハイライト!
ダマスクス門

ダマスカス門付近のスークを眺めることができたり、ダマスクス門付近の賑わいを眺めることができたり、Ramparts Walk屈指の絶景スポットです。

ダマスカス門から眺めるイスラエル旧市街の絶景

屋根の上

みよ、この絶景を!
金曜日&土曜日につき,岩のドームに近づけなかったコムギ。岩のドームの美しい姿を鑑賞できて感無量。

ダマスカス門から眺めるイスラエル旧市街の絶景

眼下には、スークも見える。

ダマスカス門から眺めるスーク

立派なダマスカス門。

内側から眺めるダマスカス門

ダマスカス門の窓からは、場外も見えます。

ダマスカス門前の円形広場

時間がなかったら省略しても良いかも?
ダマスカス門
〜ヘロデ門

ダマスカス門で外に出ることもできますが、時間も体力もあったのでさらに進むことにした。次のポイント、ヘロデ門を目指します。

ヘロデ門へ向かう城壁巡りのコース

でも、このルートはイマイチ。工事中でブルーシートがかけられていたり、見通しが悪かったり。ヤッフォ門〜ダマスカス門ルートほどの景観はのぞめず。

時間があれば、で良いんじゃないかな。

柵にシートがかかる

ゴロゴロ昼寝を楽しむ猫を発見。気持ちよさそうだねえ。

石畳の上でくつろぐ猫

またまた、学校のそばを通ります。

バスケットコートの横を通過する城壁

サッカーコートもありました。エルサレム旧市街、意外に敷地は広いのか?

サッカーコートを通過する城壁

城壁の外は、マーケットがある繁華街でした。ヤッフォ門とは雰囲気が違うなあ。

ヘロデ門外の繁華街の様子

ヘロデ門の出口から退場することにした。

傾斜のキツイ階段を降りる。

ヘロデ門の出口の階段

ヘロデ門自体は、地味な門でした。

ヘロデ門

正面から見たヘロデ門はこんなかんじ。

ヘロデ門

城壁を歩いて上からエルサレム旧市街を眺めてみよう!

入り組んだエルサレム旧市街。そんなエルサレムで暮らす人々の生活を覗き見している気分になれる城壁ウォーク。

店舗や人々が密集する活気あるスークの様子を眺める、そんな楽しみ方も楽しい。

身軽な格好で訪れることをおすすめします。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 週末海外!会社を休まずに行くバンコク最旬インスタ映えスポットをめぐる旅
  2. バス移動で節約!アカバからアンマンまでJETTバス乗車体験記
  3. レゴン・バロック・ケチャ。バリ伝統舞踊の鑑賞体験記&ウブドのおすすめ公演情報
  4. 可愛い雑貨がいっぱい!ロンドンで買ったお土産たち
  5. 歩いてめぐるエルサレム!ゲッセマネ、マリアの墓の教会、オリーブ山の絶景展望スポッ…

関連記事

  1. 壁に描かれた岩のドームの絵
  2. アルメニア人街
  3. イスラエルのビールタップ
  4. イエスの墓に入るための大行列
  5. 十字架を背負いながらヴィアドロローサを歩く信者
  6. 墓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. フードコートの様子

    北京(中国)

    北京での食事はフードコートがおすすめ!王府井『東方新天地』
  2. エレファント・ランディング

    ラオス

    ルアンパバーンの1dayツアーは現地予約が安くておすすめ
  3. イスラエル・パレスチナ

    エルサレム旧市街の城壁を歩く!Ramparts Walk体験記
  4. ホイアン(ベトナム)

    ランタン以外に何がある?ホイアンを訪れたら絶対にやりたいこと
  5. 街を走るトラム

    オランダ

    アムステルダムはトランジット観光にオススメ!その理由と効率よく観光するコツ
PAGE TOP