ジョージア

ニコ・ピロスマニを知っていますか?ジョージア国民に愛されつづける放浪の画家について

 

ニコ・ピロスマニをご存知ですか?

ジョージアの国民的画家の彼について、トビリシのナショナルギャラリーでの鑑賞ガイド日本で購入できる予習本&DVD情報をまとめました。予習をしておくとジョージアへの旅がより一層楽しめますよ。

目次
1.ニコ・ピロスマニってどんな画家?
2.日本で予習する!ピロスマニの本&DVD
3.ピロスマニの絵画を展示する美術館
4.ナショナル・ギャラリーでピロスマニ鑑賞
5.ピロスマニの複製画が飾ってあるレストラン
6.ピロスマニに会いに行こう

ニコ・ピロスマニってどんな画家?

ジョージアの国民的画家

ニコ・ピロスマニはジョージアで活躍した画家。貧困のうちに亡くなりましたがその作品は愛され続け、彼の肖像は1ラリ紙幣に印刷もされている。1ラリは紙幣ではなく通貨が流通していて、お目にかかれなかったけれど。

ピロスマニの肖像画

放浪の画家

定住せず、定職を持たず、酒と食事をいただく代わりに居酒屋に飾る絵を描き続けたピロスマニ。「放浪の画家」「孤高の画家」とも呼ばれています。

放浪の画家・ピロスマニ

加藤登紀子の歌う「百万本のバラ」モデル

歌の主人公である「女優に恋をした貧しい絵描き」こそがピロスマニ。

フランス人女優に恋をしたピロスマニが彼女をモデルに描いた絵。ピロスマニの代表作のひとつ。

女優マルガリータ

恋が歌になるなんて、
そしてジョージア→ ロシア →日本へと歌い継がれるなんて。

なんてロマンティックな人生なのか、ピロスマニ。

画家としてのピロスマニ

暗い絵の具が印象的

暗い色彩のピロスマニの絵。

赤シャツの漁師

生活は貧しくても画材はみなが援助してくれたそうで、その時代ではかなり質の良い画材を使用しているのだとか。それが現在でもピロスマニの絵が劣化しない理由のひとうだとか。

ピロスマニの絵

元祖ヘタウマ

大変失礼ではありますが、はたしてピロスマニは絵がうまいのか?というと謎な部分も。少なくとも、超絶技巧系とは言えないのでしょうか。

顔、潰れちゃっているし!

ヘタウマ!貴婦人の姿

幼稚園児が書くような太陽。印象派??

ヘタウマな筆致の太陽

画伯の手によるものとは思えない単純さもある。

拍手する人々

でもそれも魅力のひとつ。私は好きです、ピロスマニ。ジョージア国民に愛されるのも頷けます。

日本で予習する!ピロスマニの本&DVD

はらだたけひで先生の本

絵本作家はらだたけひで先生のピロスマニの本。ピロスマニ作品の予習にもピッタリ。

はらだたけひで先生のピロスマニ本

  
映像で知る!DVD「放浪の画家 ピロスマニ」

レビューの評判が良くて、つい買ってしまったDVD。だって図書館でも貸し出しがないんだもの。充実したジョージア旅にしたく、予習したかったのです。ま、次にジョージアへ旅する友に貸し出せば良いよねえ。

ピロスマニのDVDとブックレット

解説を読んでからでないと理解できないコムギはオツムが弱いのかしら。

あらすじを知らなかったら「?」なことも、あったかも。初見や事前知識がなければ、難解な映画かな?

DVDには、はらだたけひで先生の解説が載っているブックレットもついています。ブックレットを読んであらすじを把握してから鑑賞すると楽しめます。はらだたけひで先生の文章は読みやすくて、ブックレットを読むのも楽しかったです。

DVDだとジョージアの文化が映像とともに理解できて、旅まえに観ておいて良かったな。DVDおすすめです!

  

ピロスマニの絵画を展示する美術館

ピロスマニ作品は、ほとんど国外流出しておらず、ジョージア国内の2つの美術館でほぼ網羅されているそう。鑑賞できるのは、トビリシのナショナル・ギャラリーと、ピロスマニの出身地であるシグナギにあるシグナギ美術館です。観光客には首都トビリシにあるナショナルギャラリーがアクセスが簡単です。

ナショナル・ギャラリー
@トビリシ

シグナギ美術館
@シグナギ

ナショナル・ギャラリーでピロスマニ作品を鑑賞

トビリシにあるナショナルギャラリーでピロスマニ絵画を鑑賞しました。ズラリと並び見応えありです。

アクセス

メトロの最寄駅は自由広場(Liberty Square)

メトロ・自由広場駅が最寄ですが、トビリシ観光もろくにしていないコムギは、一つ手前のルスタヴェリ駅から歩きました。

ルスタヴェリ通りの建物 買い物する客

メインストリートでもあるショタ・ルスタヴェリ通りは歩いていても楽しい。

露店の古書販売があちこちにある

トビリシを歩いていて驚いたことは、いたるところに古書販売の露店があること。みなさん読書家なのかしら。

トビリシの古書の露店

ピロスマニの画集も並べられていた。

古書店で販売されるピロスマニの画集

道路をまたぐには地下道で

幹線道路は広く、歩行者用の横断歩道が少ない。地下道をくぐって渡ることが多かった。地下道にはアートなのか、落書きなのか。ナショナル・ギャラリーへの地下道の落書き。

ムンク風の地下道の壁画アート

ナショナルギャラリーの外観

隣にある国立博物館と間違えないように。少し小さめの建物のナショナルギャラリー。ピロスマニの作品を収蔵しているのはこちらです。入り口は裏側です。

ナショナルギャラリーの外観

チケット料金:12ラリ(外国人料金)

外国人価格が存在した。「地球の歩き方」には5ラリと記載されているけれど2019年夏は違っていた。

荷物はロッカーに預ける

チケット購入時、背負っていた小さめリュックをロッカーに預けるように言われます。地下のロッカールームに行くけれど誰もいない。なので勝手に預けました。

ロッカールーム

荷物を引き取るときもいなかったのでセルフスタイルなのでしょう。

ちなみに、トイレも地下1階にあります。

ピロスマニの展示室は2階奥

ニコ・ピロスマニは2階奥の部屋にズラリと並びます。他にもジョージア画家の作品が展示されていて、そちらも気になる。ですが、まずは大本命のピロスマニの展示室へ行くべし

わずか60分の鑑賞時間ということもあり、コムギはピロスマニに絞って鑑賞しました。

ズラリと並ぶピロスマニの作品

海外の美術館って、至近距離で本物を鑑賞できるのが楽しいですよね。海外旅行へ行くようになり、美術館が好きになりました。

ピロスマニの展示室

ギャラリーは、広々とした空間。ソファに座って鑑賞することも可能。

ピロスマニの絵とベンチ

とても贅沢な時間です。

ナショナルギャラリーのピロスマニ作品

五人の貴族の宴 シロクマの親子 鹿の親子 五人の貴族の宴 ケーブルの山

子牛の絵

樽を背負う男性の2枚の絵

鹿の母子

しばらくすると空いてきて、貸切になる時間も。

ピロスマニ展示室

アートショップで売っていたもの

ピロスマニの関連グッズも売っていた。衝撃なのはこちら。

ピロスマニ絵画の靴下

なんやねん、この靴下!アジアの露店商を思い出します。

自分へのおみやげに絵ハガキ購入

コムギは絵ハガキを購入。美術館へ行ったら記念に1枚は買うようにしています。集めてもかさばらないしね!1枚1〜1.5ラリ。50円前後です。

ピロスマニの絵葉書

コムギっぽい絵も発見しました。こんな絵もあるのか。

ピロスマニの絵葉書

ピロスマニの複製画が飾ってあるレストラン

トビリシの自由広場駅付近にあるジョージア料理店にて、ピロスマニの複製画を発見!

ピロスマニの複製画の掲げられた居酒屋

ピロスマニは居酒屋での飲食代として、居酒屋に飾る絵を描き続けた画家。居酒屋に掲げられることこそが、ピロスマニの絵画のありかたなのかも。

ピロスマニに会いに行こう

ジョージアの偉大な画家、ニコ・ピロスマニ。ジョージアへ旅をするならばぜひ彼の作品を見に行こう。ジピロスマニ作品を通してジョージア文化への理解も深まります。ジョージアへ行くまえに、本&DVDで予習しておくことをオススメします!

  

こちらの記事も読まれています

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



楽天トラベル

Booing.com画像

ピックアップ記事

  1. 往復120THB!赤色ソンテウに乗ってチェンマイの聖地・ドイ・ステープ寺院へ行っ…
  2. わりと過酷!9連休で行くコーカサス3カ国、旅の費用とスケジュール
  3. 生ビールが激安!ビール天国・ミャンマービール事情
  4. カトマンズ行きのフライトが欠航に!そのときネパール航空の対応は?
  5. まち全体が世界遺産。ウズベキスタンの古都ブハラ・1day観光案内

関連記事

  1. ジョージア軍用道路の絶景
  2. シュクメルリとビール
  3. 下から見上げるツミンダ・サメバ教会

    ジョージア

    絶景!トレッキングルートを歩いてツミンダ・サメバ教会へ

    ジョージアの秘境とよばれるスポットのひとつ…

  4. スヴェティツホヴェリ大聖堂の外観
  5. 絶壁に立つ十字架
  6. ムツヘタ行きのマルシュルートカ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. フィンランド

    フィンランドには森がある。ヌークシオ国立公園で豊かな自然を満喫しよう
  2. ウズベキスタン ショッピング スーパーマーケット おみやげ バラマキ 買い物 サマルカンド

    ウズベキスタン

    カワイイものいっぱい。ウズベキスタンのショッピング案内
  3. ウルルのサンセット

    オーストラリア

    荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動
  4. タイ

    観光客むけ上等!評判よりも楽しめるダムヌン・サドゥアック水上マーケット
  5. ギリシャ

    【メテオラ】へ行くならば1泊すべき!日帰り観光がもったいない理由
PAGE TOP