ウズベキスタン

サマルカンドブルーの虜に。青の都でイスラム建築めぐり

 

サマルカンドブルーの天井


シルクロードの中枢オアシス都市・サマルカンド。

サマルカンドのイスラム建築に貼られているタイルの青色は、その美しさからサマルカンド・ブルーと呼ばれている。
日本の空よりも濃いブルーの空との組み合わせは、とっても美しい。

すっかり、このサマルカンドブルーの虜になりました。

そんなサマルカンドブルーで彩られた、サマルカンド必訪スポットをご紹介します♪

目次
  1. レギスタン広場
  2. 死者の道(シャ-ヒズィンダ廟群)
  3. ビビハニム・モスク
  4. グーリ・アミール廟

レギスタン広場

サマルカンド観光地ナンバーワン!シルクロードの顔、レギスタン広場。
レギスタンとは「砂場」の意味。

レギスタン広場

チンギス=ハーンの襲来以降、サマルカンドの中心地となって栄えたこの場所。

当時は、国家行事の執行や罪人の処刑も行われていたらしい。ちなみに、罪人を布袋の中にいれて縛り、塔の上から投げ落とす処刑スタイルだそう。

こ、こわい・・・!

現在は3つのマドラサ(学校)が建っている。

レギスタン広場
Регистон Майдони / Registon Maydoni

[中央] ティラカリ・マドラサ

レギスタン広場のティラカリ・マドラサ

ドームのブルーが、空のブルーと同化しそう!

入場すると、内部は広場になっています

レギスタン広場
レギスタン広場にいる男性

ゴールドでまばゆい礼拝所

レギスタン広場の礼拝所

ティラカリ・マドラサ内の礼拝所。ゴールドがまばゆい!

ティラカリとは「金で覆われた」意味なんだって。

ティラカリ・マドラサの礼拝所の天井

天井のドームも、まばゆいゴールド。

礼拝所の壁のモザイク

アラビア文字や幾何学の文様もキラキラ。

息をのむ美しさ・・・!

[右] シェルドル・マドラサ

シェルドル・マドラサ

3つのうちで一番あざやかな外観

シェルドル・マドラサのドーム

ドームにもタイルで文様が描かれています。細い仕事です!

ミナレット

シェルドル・マドラサのミナレット

きれい・・・。

こんなに美しいタイル張りのミナレットから、罪人を投げ落としたのですね。。

イスラームのタブー:偶像崇拝を破る

イスラームといえば、偶像崇拝を否定しています。だからイスラム建築には人や動物のモチーフが使われません。幾何学文様だからこそ、時代を超えた普遍的な美しい様式をつくりだしているのかも。

しかし!このシェルドルマドラサの入り口アーチには、ライオンと人の顔が描かれているのです!

おてもやんみたいな人面

なんか、おてもやん ってかんじ。

領主が権力誇示のために、あえて偶像崇拝の禁を破らせたそう。

宗教の禁を破ることが権力誇示になるなんて、お金持ちの見栄って見境いないなあ。。建築家が責任を取って自殺したのだとか。。

なかは広場です

シェルドル・マドラサのなかの広場

シェルドル・マドラサの土産店

お土産物やさんもあります。

ものすごく客引きされるので、おちおち建物を眺めてられません。

[左] ウルグベク・マドラサ

ウルグベク・マドラサ

ウズグベク・マドラサは、中には入れませんでした。なぜだろう??

レギスタン広場へ夜にも行くべし!

レギスタン広場のライトアップ

ティラカリマドラサ

シェルドル・マドラサ

お昼の青とまたちがった、日が落ちた直後のレギスタン広場。

幻想的でとってもステキ!

死者の通り/シャ-ヒズィンダ廟群

シャ-ヒズィンダ廟群

死者の通り(シャ-ヒズィンダ廟群)
Шохи Зинда Ансамбли / Shohi Zinda Ansambli

「死者の通り」という響きがオドロオドロしい。

ティムールゆかりの方々の霊廟がならぶ通りです。

シャ-ヒズィンダ廟群の通りを歩く男性

狭い通りにブルーのタイルで彩られた美しい霊廟がギッシリと並ぶさまは、宝石箱のような美しさと例えられる。

シャ-ヒズィンダ廟群の入り口

シャ-ヒズィンダ廟群の通りを歩く女性

シャ-ヒズィンダ廟群の礼拝所

死者の通りの撮影スポット

説明不要

サマルカンドの宗教建築の中ではダントツに綺麗なブルーでした♪

奥には驚きのお墓があった!

ティムールゆかりの方々の霊廟を通り過ぎたら、奥には一般の墓地。

顔入りのお墓

顔写真いり!

その発想はなかった。日本はもちろん、他の国でもいまだかつて見たことないわ。

お墓
男性の右には、スペースが空いている。
ということは、奥様はご健在で、亡くなられたら横に刻まれるのかしら?

名前や戒名だけ刻まれているより親しみやすいかも!お参りする側としては。

でも、夜、ちょっと怖そう?

ビビハニム・モスク

サマルカンド最大のモスク。

ビビハニム・モスクの入り口

ティムールが完成を急がせたことと構造の問題から、建つやいなや崩壊が始まったのだとか。

というわけで、門の横は崩壊していました

ビビハニム・モスク
Биби-Ханым Масджиди / Bibi-Xonum machiti

モスクの中には入れない

バザールのすぐ隣にあります。
ビビハニム・モスクの内部は公開されていません。

入場しても、内側から眺めるだけ。
外から眺める方がキレイです。

サマルカンドのまちを屋根の上から眺める

ビビハニム・モスクの屋根の上

入場門の横の崩壊しかけている塔に登ってみました。ただしワイロを支払って。
そのエピソードはこちら

グーリ・アミール廟

グル・アミール廟

チンギス=ハーンが破壊し、ティムールが建てた

との言葉が残っているくらい、ここサマルカンドでは英雄のティムール。
たしか、外征先ではチンギスハーンに負けず劣らず残虐だったようですが。

グーリ・アミール廟では英雄ティムールとその一族が祀られています。

グーリ・アミール廟の入場門
グル・アミール廟の門

グーリ・アミール廟
Амир Темур / Amir Temur

わりと賑わっていました。

黒色は英雄ティムールの棺

ティムールの棺

棺はあるけれど、ホンモノは3メートル下にあるそうです。

そりゃ、そうよね!こんなに無造作に置かれているわけないもんね。

ゴールドがまばゆい内部

幾何学文様とゴールド、ブルー。

好きなカラーリングですっ!

グル・アミール廟の豪奢な天井

グル・アミール廟の豪奢なモザイク壁

外壁は崩壊している

グル・アミール廟の崩壊しかけの外壁

内部のきらびやかさとのギャップに驚いたあ。

快晴の季節のサマルカンドがオススメ!

ブルーの空と、ブルーのタイルがとても美しいイスラム建築。
この景色をみたくて、コムギはウズベキスタンまではるばるやってきました。

快晴の季節にサマルカンドブルーを見にいくことをオススメします。

あなたもきっと、サマルカンドブルーの虜になるはず!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




サマルカンド ワイナリー 試飲 テイスティング 10種 ワイン工場サマルカンドワイナリーでスウィートなワイン10種をテイスティング♪前のページ

郷に入らば郷に従え?ウズベキスタンではワイロはチップと思おう次のページチップ

ピックアップ記事

  1. ブドウ畑を背景に乾杯!ミャンマー初のワイナリー【エーターヤー・ヴィンヤード】
  2. 百寺をめぐる私の御朱印帳コレクション
  3. ミャンマーでワイン!?ニャウンシュエから自転車で行けるワイナリー
  4. カトマンズ行きのフライトが欠航に!そのときネパール航空の対応は?
  5. フィンランドには森がある。ヌークシオ国立公園で豊かな自然を満喫しよう

関連記事

  1. テーブルセッティング

    ウズベキスタン

    サマルカンドのおすすめレストラン・Platan(プラタン)

    サマルカンドのホテルに到着したのが14時。…

  2. チップ
  3. サマルカンド ワイナリー 試飲 テイスティング 10種 ワイン工場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ボート

    ミャンマー

    【インレー湖】ローカル感満点!五日市
  2. 上空から眺めるコーカサスの大地

    コーカサス

    わりと過酷!9連休で行くコーカサス3カ国、旅の費用とスケジュール
  3. ワディラムのテント

    ヨルダン

    砂漠に泊まろう!ワディ・ラムのキャンプ泊は超ロマンティック
  4. ジョージア

    ニコ・ピロスマニを知っていますか?ジョージア国民に愛されつづける放浪の画家につい…
  5. ロシア

    【黄金の環】中世のおとぎの国。 “古き良きロシア”の田園風景が広がるスーズダリ
PAGE TOP