マレーシア

魅惑のブルー・マンション!見学ではなく宿泊するべき5つの理由

 

ブルーマンション


ジョージタウンを旅先を選んだ理由はこの「ブルーマンションに泊まってみたかったから」。風水×南洋×西欧の幻想的な空間が唯一無二の素敵なホテルでした。ジョージタウンの旅をするならば、ぜひ宿泊することをお勧めします。大人気につき、予約はお早めに。

目次
1.ブルーマンションについて
2.ブルーマンションに泊まるべき理由
3.ブルーマンションの予約方法
4.ジョージタウンに行ったらブルーマンションに泊まろう

ブルーマンションについて

ブルーマンションは、正式名称は「チョン・ファッツィー・マンション」。チョン・ファッツィー氏は客家系の中国人で、東洋のロックフェラーと呼ばれた大富豪です。

”東洋のロックフェラー”、チョン・ファッツィーとは

貿易商・チョン・ファッツィー

19世紀、ジョージタウンを仕切っていた大富豪の華僑、チョン・ファッツィー。

チョンファッツィーさん

最愛の妻のための住居

妻が8人いたというチョン・ファッツィー氏。そのなかでも最愛の7番目の妻のために捧げたというのが、こちらのブルーマンション。プラナカン様式を代表する建物で、世界遺産の街・ジョージタウンのなかでもランドマーク的な存在でもある。

ブルーマンションの外観

ブルーマンションに泊まるべき理由

実際に泊まってみて、やっぱりよかった。ジョージタウン旅では外せないかも。その理由はこちら。

  1. 濃いブルーが幻想的で美しい歴史建築
  2. 見学不可!宿泊者限定のエリアあり
  3. 物価の安いマレーシアならではの低価格
  4. 朝食が豪華
  5. 人気の屋台村が近い

おすすめ理由①
濃いブルーが幻想的で美しい歴史建築

濃いブルーが美しい、大金持ちチョン・ファッツィー氏の邸宅であるブルーマンション。ジョージタウンのガイドブックの表紙になっていたり、観光スポットのひとつでもある。

ブルーマンション

とにかく深くて濃いブルーに南洋のきつい日差しが照りつける。風水を取り入れた建築様式なのに洋風要素も垣間見える。

豪華なロビー

ステンドグラス

とにかく幻想的なマンション。

ブルーの庭

せっかくだったら泊まってみたいですよね。このマンションは、「いくらお金を積んでも都会には造れないタイプ」のマンション。歴史や気候条件が整わないとこの雰囲気は出ないであろう。

ブルーの入り口

②見学不可!宿泊者限定のエリアあり

ブルーマンションは一日に3回、有料で見学ができます。ですが、見学のみはブルーマンションの一部しか楽しめないのでお勧めしません宿泊するべきです!

宿泊者限定のエリアあり

水色の池

螺旋階段

宿泊者スペースにはたくさんのソファやチェアがあるので、のんびりするのも可能!

ブルーの廊下

巨大ソファ

それに、夜はさらに幻想的なのです。

夜のブルーマンション夜のブルーマンション

夜の廊下

幻想的な灯篭の光

見学そのものは退屈

見学でも入場できますが、外観とロビー、展示スペースしか入ることができません。この写真↓は撮影不可!

ブルーの共有スペース

そして、見学ツアーはロビーに座ってひたすら英語の説明を聞くのがほとんど。マンションの見学エリアはほんの狭い空間なのでツアーといっても話を聞き、ちょろっとパネルを見るだけなんです。

展示を眺める見学者

「チョンファッツィーさんは東洋のロックフェラーと言われている大富豪なんですよ」程度の情報でコムギには十分かな。わからない英語を30分くらい聞き続けることが辛い。

ガイドさんの説明を聞く

とにかく泊まってみて思うことは、「見学じゃあ、ブルーマンションの素敵な部分のほんの一部しか楽しめない!」ということ。見学ツアーでチョロッと観て写真を撮るよりは、泊まってのびのびと「ブルーマンションで時間を過ごす」ことを断然おすすめしたい。

おすすめ理由③
物価の安いマレーシアならではの低価格

ジョージタウンのホテルの宿泊平均額に比べたら、群を抜いて高級のブルーマンション。マレーシアは物価が安いため、日本の感覚からすると「あれ、こんな価格で泊まれちゃうの」?OLでも、頑張って支払える価格です。

一泊の目安は12,000円から18,000円。部屋のサイズで決まります。

コムギの宿泊料金:¥12,683
1泊1室、1名、朝食込(2名まで同料金)

2名まで同じ料金なので、2名だと半額です。お手頃ですね。一人旅だと割高になるのはしょうがない。

ブルーの廊下

とっても素敵なお部屋です。弾丸旅で訪れたのがもったいない。

ホテルの居室

ウェルカムフルーツもありました。

ウェルカムフルーツ

おすすめ理由④
朝食が豪華

広間で食べることができる朝食が豪華。

朝食会場が素敵

大富豪チョン・ファッツィー氏もここで食事していたのだろうなあ。富豪の気分を味わえます。

豪華なダイニングスペース

選べる朝食が嬉しい

食事スペース

しょぼいブッフェだなあとガッカリしていたけれど、違っていた。

ブッフェ+メニューから好きな料理を選ぶシステム。コムギはパンケーキにしました。

フルーツたっぷりのパンケーキ

せっかくだもの。トーストにオムレツとかだと、ちょっともったいないかな?貧乏根性炸裂です。

おすすめ理由⑤
人気の屋台村が近くにある

ジョージタウンは小さい街ながらも素敵なカフェや美味しそうな食堂、人気のフードコートもあります。ジョージタウンのなかではお高めなブルーマンションですが、食事は近くのフードコートで食べればいいですね。

ブルーマンションのほぼ隣の位置に、人気の屋台村「レッド・ガーデン・フードコート」があります。

大にぎわいのフードコート

人気の屋台マーケット

おすすめは、羊の串焼き

羊肉が一番マズイのは日本ではないでしょうか。中央アジアでも東南アジアでも、羊の串焼きはシットリしていて美味しい!マトンでもそうなのです。鳥もありましたが、コムギは羊をおすすめします。

羊のサティ

ものすごい本数を食べました。幸せだ。

ブルーマンションの予約方法

予約はBooking.comより

ジョージタウンへの旅が決まったら、即、予約するべき。すぐ埋まります。というよりも、「空室を見つけたのでジョージタウンの旅行を組んだ」というくらいの情熱をもって予約しよう。

Booking.comでチェックする:
チョン ファッ ツィー ザ ブルー マンション

アクセス

ブルーマンションに泊まろう

ジョージタウンの代名詞、ブルーマンション。とにかく素敵であること、こんなに素敵なのに物価安につき低価格で泊まれちゃう。ジョージタウンの旅をするならば、ブルーマンションへの宿泊をお勧めします!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




洗面グッズセット旅の荷造りを楽ちんに!旅アイテム収納はジップロックが最強前のページ

搭乗後すぐに取りかかれ!飛行機で眠るまえに済ませておきたい3つの作業次のページ機内でぐっすり眠る

ピックアップ記事

  1. 女子ひとり旅【サントリーニ島】に行ったら絶対やるべき!オススメ8つ
  2. 雲海も出現!”天孫降臨”の地・国見ヶ丘へ歩いて行ってきた…
  3. 北京で夜遊び!王府井小吃街でチャイニーズ屋台食べ歩き
  4. 週末弾丸で行くチェンマイ。旅費4万円でもこんなに楽しめる!
  5. OLだって旅したい!2017年・海外旅行12回。会社を辞めずに働きながらでも弾丸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. kiwi.comのロゴ

    週末旅行ノウハウ

    フライトが欠航に!Kiwi.comに返金対応してもらった経験談
  2. ミャンマー缶ビール9本

    ミャンマー

    生ビールが激安!ビール天国・ミャンマービール事情
  3. 天安門広場の毛沢東の写真

    北京(中国)

    旅立つまえに必ず知っておきたい北京ルールまとめ(インターネット・観光・トイレ)
  4. チップ

    ウズベキスタン

    郷に入らば郷に従え?ウズベキスタンではワイロはチップと思おう
  5. ハトシェプスト女王葬祭殿

    エジプト

    エジプト旅行前に予習!ナイル川クルーズで観光する遺跡&名所まとめ(ルク…
PAGE TOP