イスラエル・パレスチナ

イエス・キリスト聖誕の地&バンクシー!日帰りでもこれだけ楽しめるベツレヘム観光(パレスチナ自治区)

 

パレスチナ自治区のユダヤ人居住区


せっかくエルサレムならば、足を伸ばさないともったいない!
エルサレムから日帰りで行けるベツレヘム。ベツレヘムを観光した1日を紹介します。

ベツレヘムについて

ベツレヘムは、エルサレムから約10km。パレスチナ自治区のなかの街です。

ベツレヘムの位置図

ベツレヘムの見どころは?

なんといっても、このふたつ。

聖誕教会(イエス・キリスト聖誕の地)
バンクシーのウォールアート

エルサレム←→ベツレヘム移動はパスポート必携

ベツレヘムはパレスチナ自治区にある街。エルサレムから簡単にアクセスできるとはいえ、パスポートが必携ですのでお忘れなく!

ベツレヘム(パレスチナ自治区)からエルサレムへの帰りのバス車内にて、パスポートチェックがありました。

エルサレムからベツレヘムへのアクセス

エルサレム、ダマスクス門そばのバスターミナルから直通バス(231番)が出ています。運賃はたったの7NIS(約200円)。詳しいアクセスはこちらの記事でどうぞ。

これだけ楽しめる!
ベツレヘム1day

午後、エルサレムからベツレヘムへ。たった5時間ばかりですが十分に観光できました。

アラブバスでベツレヘムに到着

バスは「エルサレム・ヘブロン通り」に到着。

ベツレヘムの231番バス停留所

「バンクシーめぐりをしないか?」バスを降りるなり、客引きが寄ってくる。楽ちんそうだけれど、それじゃ面白くない!歩きたい派のコムギです。

ベツレヘムの交差点

パウロ6世通りの坂道をのぼる

まずはベツレヘム最大の名所、イエスキリスト誕生の地に建てられている「聖誕教会」を目指します。

パウロ6世通りは坂道。エルサレムは城壁内は宗教色が濃いし、外は近代的な街だった。ここベツレヘムの街は、もっと生活感があり活気がある街。これがパレスチナなのね。

ベツレヘムの道路

絶品シュワルマで簡単ランチ

お客さんでにぎわうお店をみつけた。おいしそう!シュワルマの有名店みたい。

シュワルマ店

串焼きケバブも気になるけれど、ここはお店の看板メニューと思われるシュワルマを注文。

肉

シュワルマは、ケバブの炙った部分を薄くそいでサンドイッチにする軽食メニュー。

制作中のシュワルマ

中にたっぷりの野菜がはいります。オールトッピングでお願い。

シュワルマ店の様子

シュワルマ

シュワルマ

すっごいボリューム。500gくらいはあるのでは。でも美味しくて完食。これ、大好き。

شاورما ومشاوي السينما
(英語よみかた不明)
Googleマップはこちら
シュワルマ:14NIS(約450円)

スークを歩く

シュワルマを食べながら進むと、教会がみえる。

聖家族教会

これは「聖家族教会」。ここからスーク(市場)がスタート。

ベツレヘムのスーク

ものすごく賑わっている。いろいろなものが売られている。

ベツレヘムのスークのマネキン

シュールなマネキン

なぜか販売されるリモコン

リモコンだけ販売。アジアも中東も大差ない!?

キャベツを販売する男性

キャベツを販売する男性

実演販売で売られる掃除グッズ

実演販売で売られる掃除グッズ

ベツレヘムのスークで洋服を選ぶ女性

洋服を選ぶ女性たち

ベツレヘムの八百屋さん

ベツレヘムの青空市場

フリーマーケット

ベツレヘムのスーク

生活用品も売っている

ベツレヘムのスーク

バス停からメンジャー広場までは徒歩20分くらい。でもほとんどスークなので、旅行者のコムギにとってはとても楽しい。

ベツレヘムのスーク

メンジャー広場

ベツレヘムの中心地、メンジャー広場へ到着。

メンジャー広場

クリスマスはとっくにすぎた1月ですが、巨大クリスマスツリーが飾られていた。正面には、聖誕教会。

聖誕教会

聖誕教会は、イエス・キリストが生まれた地。その跡地とされているところに建つ教会が「聖誕教会」。パレスチナ地方を旅すると、聖書の世界に自分がいるのだなあと改めて思う。

聖誕教会の外観

聖誕教会は出入り自由、入場料無料。なかは天井の高い教会。

聖誕教会

聖誕教会の内部

わりと普通かな?と思いきや、すごい行列を発見。教会の地下にある「イエスキリスト聖誕の場所」の順番まちのよう。

聖誕教会の行列後尾

列は、ゆっくりと進みます。

並んでいる途中に販売コーナーも。熱心な信者の方たちは皆こぞって買っていた。

聖誕教会の物販コーナー

なかなか進まない行列。渋滞の原因はここか!地下へ進む入り口で大渋滞していたのでした。

地下入り口へ詰めかける人々

声を荒げる者はいない。ホーリー・プレイス(神聖なる場所)だからかしら?みなさん、神聖な場所に近づき昂ぶっているだろうに、とてもマナーが良いです。

聖誕の場所へ詰めかける人々

地下に進むと、キリストの生まれた場所が祭壇として祀られていた。

銀で星の形が埋め込まれた祭壇

銀で星の形が埋め込まれた祭壇

それにしても、洞窟のなかとは知らなかった。てっきり馬小屋でおうまれになられたものだと思っていた。イスラエル旅にあたり聖書関連の本を読んだけれど、洞窟なのか馬小屋なのかという事実確認よりも、確かにその地でお産まれになり、信仰され続けているということが重要だそう。深く考えないことにしよっと。

聖誕教会の中庭

聖誕教会の中庭にて。アフリカから来たという御一行が印象的でした。

トイレは教会の出口付近にありました。有料だったのでパス!1ユーロですって。

ミルク・グロット(教会)

聖誕教会の裏通りをとおって、ミルゴレット教会へ。

裏通りには土産物店がワンサカ。品揃えはエルサレムと似たり寄ったり。でも物価はパレスチナの方が安いらしい。

聖誕教会の裏通り

ミルク・グロットは乳白色の可愛らしい雰囲気の教会だった。

ミルク・グロットの外観

ミルク・グロットの祭壇

歩いてバンクシーを見にいく

「アートテロリスト」の異名をとる現代アートの奇才、バンクシー。ここベツレヘムにはバンクシーのアートが複数存在することで有名。バンクシー作品を見るために、ベツレヘムの街を歩きました。

バンクシー:花束を投げる青年

バンクシー:花束を投げる青年

バンクシー:ハートを落とす天使

バンクシー:ハートを落とす天使

パレスチナ自治区のユダヤ人居住区

歩いて回るベツレヘムの町。遠くにみえる白い建物は、ユダヤ人居住区だそう。夕日に照らされて美しかった。

▼歩いてめぐるバンクシーはコチラの記事で

パレスチナのご当地ビールを飲む

パレスチナ自治区でもクラフトビールがあるのです!絶対に飲むと決めていた。けれども時間切れ、バーを探してゆっくり飲む時間の余裕がなかった。

酒屋さんでビールを買う。抜栓してもらい、その場で飲むスタイル。パレスチナは禁酒戒律のあるムスリムが90%超だけれど、店主はOKって言ってくれたもんね。こっそり飲みます。

パレスチナ初のクラフトビール、タイベビール

パレスチナのクラフトビール「タイベビール」

第二弾のパレスチナビール、シェパーズビール

パレスチナのクラフトビール

一本10NIS(約330円)。歩き疲れて喉が乾いていたこともあり、早々に飲み干してしまった。なんて勿体無い飲み方!香りが良くて飲みやすく美味しかったです。

スークは早々と店じまい

気づくともう、18時。次の予定も迫ってきた。急いでバス停方面へ戻ります。スークももう、店じまい。

ベツレヘムのスーク

まだ18時なのに?教会が閉まるからかな。夜はゆっくりと家族で過ごす文化なのかしら。

ベツレヘムのスーク

なぜか、巨大ぬいぐるみショップがたくさんありました。

ベツレヘムのスーク

24時間、煌々と明かりが灯り続ける日本の街を思い出す。日本だと18時でこの街の暗さはないよなあ。年末くらいだよね。日本人、やっぱり働きすぎ!

夜ごはんも、ふたたびシュワルマ

お昼に食べたシュワルマはボリュームたっぷりだった。おなかはちっとも空いていないけれど、「夜食にも食べたい!」と帰り道でも購入。

シュワルマ

ひとくちパクリ。やっぱり、美味しい!

イスラエル&パレスチナのこの旅、サンドイッチしか食べていない。でも美味しいから悔いなし。

アラブバスでエルサレムへもどる

アラブバスは、到着した地点から発車です。

エルサレム行き231番バス停留所

帰りは、チェックポイント(検問)を通過し、パスポートチェックを受けました。ベツレヘムへ遊びに行く際はパスポートをお忘れなく!

エルサレムから日帰りでベツレヘムへ!

アラブバスで簡単にアクセスできるベツレヘム。ここが紛争の地なのかと思えないほど、ベツレヘムの街の人は「生活」していた。エルサレムとは異なる趣の街。そして、キリスト聖誕教会、バンクシーのアートめぐりも楽しめる。せっかくエルサレムを訪れたのならば、ベツレヘムへ足を延ばすことオススメします。

シュワルマ、絶品なのでお忘れなく!
そしてパスポートもお忘れなく!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 砂漠に泊まろう!ワディ・ラムのキャンプ泊は超ロマンティック
  2. 往復120THB!赤色ソンテウに乗ってチェンマイの聖地・ドイ・ステープ寺院へ行っ…
  3. ペトラ遺跡・砂漠・死海!ヨルダン旅行10日間スケジュール
  4. なにか美味しいものあるの?ウズベキスタンおすすめメニューを紹介します
  5. カワイイものいっぱい。ウズベキスタンのショッピング案内

関連記事

  1. 231番のベツレヘム行きアラブバス
  2. オリーブ山から眺めるイスラエル旧市街
  3. 十字架を背負いながらヴィアドロローサを歩く信者
  4. バンクシー:花束を投げる青年
  5. イエスの墓に入るための大行列

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ギリシャ

    【メテオラ】鉄道でメテオラへ!アテネ中央駅での列車の乗り方ガイド+直通列車は2時…
  2. 十字架のモニュメント

    ヨルダン

    旧約聖書の舞台へ!ネボ山で預言者モーセ「約束の地」を見下ろす
  3. パンダ

    ハルビン・成都(中国)

    乗り継ぎ時間で行く!成都パンダ繁殖基地(アクセス&注意点)
  4. ブルネイ・ダルサラーム

    ボートをチャーター!ブルネイ川クルーズ1時間。テングザルにも会えるよ
  5. ジョージア

    ニコ・ピロスマニを知っていますか?ジョージア国民に愛されつづける放浪の画家につい…
PAGE TOP