ネパール

3連休で行く弾丸カトマンズ!現地滞在たったの1.5日でもこれだけ楽しめる!

 
ネパール国旗を持つ陽気なおじさん

3連休+有給1日でカトマンズへ。

現地滞在が2.5日という強行軍。さらにカトマンズ行きの便が欠航となり、実質現地1.5日しか滞在できませんでした。

ですが、しっかり楽しめました。
弾丸スケジュールを公開します。

OLでも会社を辞めずに、カトマンズをこれだけ楽しめる!

仕事を終えて関空へ。
日本出国。

定時後、関空へ直行します。今日のエア・アジアは夜の便なのでわりとゆったりできる。ですが空港でユックリするためにもできるだけ最速で関空へ向かうように心がけております。旅慣れてくればなるほど、空港に早く着きたいと強く思うようになってきた。

@関西国際空港

ぼてぢゅうで夕食

ぼてぢゅうは列ぶし美味しくないし、食べるつもりはない、と毎回思いながらも通っております。

プライオリティパスで無料だから。

ぼてぢゅうのお好み焼き

今回は、「ミックスお好み焼きにトッピング祭」を試みました。絶対定価じゃ食べないよな、コレ。やっぱり今回のぼてぢゅうもイマイチです。でも、タダだから・・・

22:00 関空出発

定刻どおりに関空出発。

エアアジアの機内

今回は深夜便なので、追加料金を払って座席指定。

中央3列・通路側・サイレントシート(子供NG)を指定。

出発便では絶対寝なくちゃ体がもたないので、ここにはお金をかけています。といっても¥2,000程度。

Day:1
カトマンズ行きフライトは欠航に。
クアラルンプールで足留め。

04:00 クアラルンプール到着

ほぼ定刻通りにクアラルンプール到着。

マレーシア入国

いつもはエア・アジアでFly Thru(フライ・スルー)を利用して、入出国せずに乗り継ぐのですが、今回はエア・アジアとネパール航空でターミナルが異なるため、いったんマレーシアに入国したうえでターミナル移動する必要があります。面倒くさ〜。

ラウンジでシャワーを浴びる

入国後にも利用できるラウンジ、PLAZA PREMIUM LOUNGEでシャワー休憩。

ラウンジのシャワー

出国エリア(Landside)にあるラウンジはもうひとつありますが、シャワーを利用できるのは、こちらのラウンジのみなのでご注意を。

関連記事
【クアラルンプールKLIA2空港】入国後にシャワー利用OKのラウンジ:PRAZA PREMIUM LOUNGE

ターミナル移動、KILA1へ

エア・アジア専用空港のようなKILA2から、ネパール航空を含むレガシーキャリアの発着するKILA1へ移動。

KLIa1の標識

移動には無料のシャトルバスで。看板に従いながらバス乗り場を目指します。

KLIAターミナル移動のシャトルバス

早朝でしたが20分間隔できてるみたい。KILA1へは約10分で到着。

KLIA1空港

カトマンズ行きフライト欠航になった

チェックインカウンターにて、乗るはずのフライトが遅延していることを知る。このときは”遅延”であり欠航とは思っていませんでした。

KLIA1のチェックインカウンター

夜出発になる、とりあえず休憩のためにホテルを用意したとのこと。

バスでホテルへ連れて行ってもらいます。

ホテル到着

ホテルの外観

飛行機をイメージしたらしい室内。なんだこれ。。

機内をイメージしたホテルの室内

飛行機で眠るつもりだったから寝不足のあまり疲れもマックスに。1時間ほど仮眠。

プトラジャヤのピンクモスク観光

まだまだ夜のフライトまで時間はたっぷりある!せっかくならば遊び倒さねば。貧乏性のコムギです。

タクシーでピンクモスクのあるプトラジャヤへ観光へ。

ピンク・モスク

ピンクが可愛らしいモスクですが、金曜日は15時からしか見学できず、暑いなか待つしかなく辛い。

それに寒波のきている日本から高地のカトマンズへの移動だったので、まさか南国マレーシアで観光することになるとは思っていなくて薄い服がなく汗ダラダラ。いろいろなタイプの辛さが襲い掛かります!泣

ビールを買いに散策

ホテルに戻ると、欠航が確定したと聞かされる。今夜はこのまま、ここクアラルンプール宿泊決定に。ぐぬぬ。。

これはビール飲んでパーっとするしかない!と思うも、テルの近くにはレストランも商店もあるけれど、なんせイスラム教国だからビールが売っていない。

どうせ暇だから、とビールを買いに遠征。早歩きで30分かけてスーパーマーケットへ。

スーパーマーケットでビール購入

無事にビールを買えました。

タイガー・ホワイトは少し甘めでちょっと飲みづらいかな?タイガーはオリジナルのほうが好きです。

途中の食堂で、でサティ(串焼き)も買いました。

街中のレストラン

本当はお店で食べたいところですがビール持ち込みできないと思うから、やむをえずお持ち帰りなのです。

部屋でひとり宴会して,就寝。明日に備えます。

Day:2
カトマンズ到着

カトマンズへ

フライトは定刻通り出発。

整備中のネパール航空の機体

なんとかカトマンズへたどり着けそう。安心です。

悪天候のためヒマラヤは見えず

窓側の席を確保したのに、ぶ暑い雲のためにヒマラヤは拝めず。

飛行機から見たネパールは雲だらけ

もうアンラッキーすぎて悲しいです。怒りというより泣けてきます、歳かしら。

カトマンズ:トリブバン国際空港は大混雑

カトマンズ、トリブバン空港の混雑はひどい。

大混雑のトリブバン空港

到着してから空港の外に出るまでに、なんと1時間半以上かかった。おそろしや!

空港は小さくて、職員数も少ない。でも処理は大雑把だから人は流れるのだけれど、それでもやっぱり時間がかかる。待ち時間が長い。クタクタすぎて本当に疲れました。

タメル地区までバスに乗るつもりが、バスターミナルが閉鎖!

タメル地区まではバスで行けると聞いていたのですが、バスステーションが閉鎖していた。

空港周辺は工事中

工事中ですってよ

どういうことや!

やむをえず、タクシーでホテルまで移動。
たった5分前に断り倒したエアポートタクシー受付にもどって配車をお願いしましたよ。

ネワール様式の美しいホテルにチェックイン

今回は、宿泊料金が相場の2倍もする、ちょっとリッチなホテルに宿泊。

ネワール様式のホテルの部屋

ネワール様式が美しいのと、朝ヨガ講座が無料であったり、なんか素敵だわ!と思ったから。

でも実際は、

  • 欠航により1日遅れたので1泊出費がかさんだ
  • ヨガクラスの朝8時には起きれなかった
  • 弾丸旅につきホテル滞在している時間も惜しかった

よって、ホテルの魅力は全然満喫できずでした。弾丸旅で素敵ホテルなんてモッタイナイと改めて気づいたのでした。とほほ。

タメル地区を散策

ホテルから、ダルワール広場まで散策。もう歩いているだけで楽しい。

賑わうタメル地区

人、ハト、犬、自動車、バイク、数も多いしよく動くのに,不思議とみんなぶつからない。

タメル地区を行き交う人々

そひて、街なかのあらゆるところでストゥーパ(仏塔)に出会います。

街中のストゥーパ

ブッダアイが印象的ですね。カラフルな旗をみるとハッピーな気持ちになります。

ダルバール広場

カトマンドゥの見どころのひとつ、ダルバール広場へ。

ですが広場ではボクシングの試合があって、雰囲気はブチ壊し。

ダルバール広場でボクシング観戦する人々

みなさん熱心に、でも行儀よく観戦。素晴らしいです。マナーがとても良い。

広場にはヒンドゥー寺院がたくさんあった。

タメル地区のダルバール広場の青い神

感動!生き神・クマリに会えた

生き神として崇められている”クマリ”は、”クマリの館”に住んでいます。出てくる時間を狙って伺うと、ちょうど顔を見せてくれているタイミングでした!

クマリの館でクマリに会えた

その時間はわずか1分くらいでしたが、「ありがたい」気持ちに。不思議な感覚。まあきっと、ネパール関連本をよんでその存在についてよく考えていたから刷り込みもあるのだろうけれど。

スワブンナート

タクシーで20分ほど、スワブンナートへ。

スワンブナート

ここから見る絶景は素晴らしかった。

名物料理”モモ”を食す

大阪のカレー店主がみな絶賛するという有名店・ニューエベレスト・モモセンターでモモを食べに。

モモ

これびっくりの美味しさ!

丸っこい餃子にアツアツのスープを注いでくれる。このスープ、パクチーやスパイスが効いていて美味しいのです。アツアツが美味しいから、さっと食べてサッと店をでるスタイルです。味は日本にウケるだろうけれど、この営業スタイルは日本に馴染まないだろうなあ。

ネパール郷土料理”ダルバート”

これまたカレー屋さんに教えてもらったお店へ。

ダルバート

ご飯におかずがたくさんついてくる、いわばネパールの定食・ダルバート。マトンを選びました。

もりもり食べれます。ネパール料理はスパイシーではあるけれどもさほど辛くなく、でもとっても香りがよいのです。辛いのが苦手な方も大丈夫!クセのない優しい味付けで、アジア料理の苦手な方でも好む味付けだと思う。

ネパールビール飲み比べ

旅にきたら、ついつい気になるご当地ビール。スーパーマーケットで買い込んでみて飲み比べ。

ネパールビールを飲み比べ

いちばん好みなのは、シェルパ・ブルワリー”クンブー・コルシュ”。一番右の缶のやつです。ホップの香りがよくて飲みやすいビール。これは美味しいわ。

Day:2
カトマンズ観光&出国

2日目にして帰国日。弾丸すぎてクタクタですが、寝坊している時間はない。

古都パタン

ネパールの古都・パタンへ。赤いレンガが印象的な、美しいところでした。

パタンのダルバール広場

でもネパール地震の爪痕が激しく、修復中の姿が。

ネパール雑貨ショッピング

ここパタンには、日本人のコムギにとって買いやすい雑貨屋さんがふたつもありました!

ネパールガネーシャの外観

そして、爆買いしてしまいました。

エアアジアの7kg重量制限があるのに・・・ヒエエ!

ネパールのチョコレート

お祭りを見かける

寺院の近くでは人がたくさん集まって音楽もなって賑やか。近づいてみたら、なにかのお祭りのようでした。

赤い衣服をまとったヒンドゥー教徒の女性たち

女性はみな、赤の衣服を身につけている。はなやか。かわいい!

赤い衣服をまとったヒンドゥー教徒の女性たち

パシュパティナート

カトマンズに来たからにはこれをみなくちゃ!火葬場のパティシュティンナートへ。

パティシュティナートの火葬場

火葬場をみに行くなんて悪趣味のような気もしますが、死と対峙しているネパール人の姿を見て、宗教観の違いとか、それでも大切な人をなくしたときの儀式の根底は変わらないのかもと思ったり、考えさせられる場所。カトマンズにきたら最優先で行くべきスポット。

ふたたびダルバート

ちょっと高めのレストランで最後のネパールごはん。

豪華なダルバート

前菜、デザートなどのつく、プチコースみたいなメニューを選びました。

ビールはかなり高いのでパス。炭酸水で我慢。

空港へ。ラウンジ休憩

帰りもやっぱり大混雑のトリブバン国際空港。クタクタだ。

カトマンズのトリブバン国際空港

小さなトリブバン国際空港ですが、プライオリティパスで利用できるラウンジがあったので1時間ほど休憩。

カトマンズのラウンジの食事

23:30 出発

満席御礼のネパール航空機内

無事に出発!おやすみなさい〜。

窓側席にしてもらえましたが、もちろん暗くてヒマラヤは見えません。

Day:4
クアラルンプールで乗継ぎ、帰国

ラウンジで休憩

昨晩は深夜便でシャワーを浴びていないので、ラウンジでシャワーを借ります。そしてしばし休憩。

美しく陳列されたプチケーキたち

なんとプチケーキカウンターがありました。

ターミナル移動を兼ねて三井アウトレットモールへ

ターミナル1から2まで、無料シャトルバスがあります。また、その間に「三井アウトレットモール」を経由するシャトルバスも無料であるのです!

ターミナル1から約10分で到着するので、時間潰しがてらにアウトレットへ。

クアラルンプールの三井アウトレットパーク

広くて綺麗。わりと閑散としていた。普段からアウトレットへ行かないコムギなので、さほど盛り上がらず。

でも空港で乗り継ぎ時間が長い場合の暇つぶしには良いのかも?

14:15出発

わ〜、なんとか日本に帰れる!

AirAsiaの機体

帰国便は「通路側」だけの座席指定。今回は乗り遅れている日本人が8名くらいいました。20分ほど、ギリギリまで待っていたようだけれど現れず、おいてけぼりに。ターミナル間違えたのかな!?明日の仕事ないのかな?心配になります。

21:30 帰国,関空到着

定刻どおりに大阪に到着。ただいま〜!

まとめ:弾丸でもこんなに楽しめる

3連休プラス1日で、強行したカトマンズへの旅。。

1.5日でも、とても刺激を受けることができた充実した時間を過ごせました。

たった1.5日なのに、航空券+宿泊代だけで幾ら遣ったのかしら・・・
フライトの欠航さえなければ、もっとゆっくりと楽しめたのに。

切ない気持ちにはなりますが、払った分の価値は十分にあった、とても素晴らしい時間。

仕事があっても!3連休でいけないことはナイ!
現地滞在たったの1.5日でもこれだけ楽しめる!
会社を辞めずにOLでもネパールへ行けちゃいました。

弾丸旅の参考になりますように♪

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



楽天トラベル

Booing.com画像

ピックアップ記事

  1. 【メテオラ】聖堂のフレスコ画が美しい【ヴァルラーム修道院】
  2. 女子ひとり旅【サントリーニ島】で火山・温泉・サンセットクルーズ日帰りツアー
  3. レゴン・バロック・ケチャ。バリ伝統舞踊の鑑賞体験記&ウブドのおすすめ公演情報
  4. 1日でたっぷり楽しむペトラ遺跡。攻略には時間配分&体力配分が重要!
  5. ニコ・ピロスマニを知っていますか?ジョージア国民に愛されつづける放浪の画家につい…

関連記事

  1. 飛行機から見たネパールは雲だらけ

    ネパール

    カトマンズ行きのフライトが欠航に!そのときネパール航空の対応は?

    3連休で大阪・関空からネパールの首都・カトマン…

  2. ネパール

    カトマンズでショッピング!おすすめの可愛いネパール雑貨店&実際に買ったものを紹介します

    雑貨も可愛いネパール。日本のアジア雑貨屋さんでみかけるような可…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ギリシャ

    【メテオラ】階段がなくてアクセス簡単【聖ステファノス修道院】
  2. ロビーのソファー

    ミャンマー

    インレー湖観光の起点・ニャウンシュエのおすすめホテル情報
  3. 死海で浮遊体験する女性

    ヨルダン

    ヨルダン死海で浮遊体験!おすすめビーチ・持ち物・死海の作法とは?
  4. 洗礼を受けるイエスのモザイク

    ヨルダン

    イエス・キリスト受洗の地“ヨルダン川のベタニア”(アル・マグダス)
  5. ホイアン(ベトナム)

    世界遺産・ホイアン旧市街に泊まろう!オリエンタルムード満点のホテル 【 Vinh…
PAGE TOP