ミャンマー

インレー湖観光の起点・ニャウンシュエのおすすめホテル情報

 

ロビー


ミャンマー中部のインレー湖観光をするならば、旅の起点はニャウンシュエ。実際に泊まっておすすめだったホテルをご紹介します。どのホテルを選んで良いか決められないアナタにおすすめです。

ニャウンシュエのホテルなら「カシオペアホテル」がオススメ

ニャウンシュエのホテル選びは大成功。

ホテル情報

カシオペア・ホテル

Booking.comの予約ページへ

コムギはBooking.comより予約しました。

宿泊費:68USD (約7,400円・税サ込)
2泊3日、バンガロー1棟、ダブルベッド1名利用

オススメポイント①
ニャウンシュエの街の中心の立地

ニャウンシュエは小さな街ですが、そのなかでも街の中心部に位置する。マーケットも徒歩1分、近くには商店もあります。

夕方にはすぐ暗くなるミャンマーですが、街の中心部なので一人歩きでも平気。レストランも徒歩圏内にたくさんあるので、旅行者にはありがたい立地。

バンガローの様子

オススメポイント②
ヴィラタイプで綺麗な部屋

中心部にあるにもかかわらず、ホテルの部屋はヴィラタイプ。静かにゆっくり過ごせます。

ソファセット

部屋は手入れされていてピカピカ。アジアンリゾート!

アジアンリゾートな部屋

ベッドも広々。

ダブルベッド

オススメポイント③
朝食が豪華

朝食はセルフサービスではなく、食堂についたら順にサーブされる仕組み。

豪華!南国フルーツ盛り合わせ

小さくカットされたフルーツがやってくる。当分は酒からしか摂取しないポリシーのコムギなので、普段はフルーツはあまり好みませんが、南国は別。東南アジアのフルーツは、みずみずしくて美味しいのですよね!

フルーツ盛り合わせ

マンゴー、ドラゴンフルーツ、バナナ。小さいカットとはいえお皿にモリモリです。これだけでコムギはお腹いっぱいです。フルーツが別腹の人が頼もしい。

シャンヌードル

「なに食べますか?」との質問もなく、運ばれてきたのはミャンマーのローカルフード・シャンヌードル。優しい鶏のスープの麺料理です。ムッチリ。

シャンヌードル

ガーリックチップが香ばしくて美味しい。

オレンジジュースとコーヒーサービス

オレンジジュースがあったけれど、早々とコーヒーも入れてくれました。とにかくサービスが早い、食べたり飲んだり、忙しい。

コーヒーを注ぐ女性

トースト4枚と卵料理

コーヒーも出たし、終わりかな。コンチネンタルブレックファストじゃなくてよかった〜。と思うのつかのま。

「卵はどんな食べ方が好き?」スクランブルエッグと答えたらトーストが出てきた。しかも4枚も!

トースト4枚とスクランブルエッグ

スクランブルエッグ、ジャム、バター。ちいさめサイズとはいえ、なかなかのボリュームです。ですがモッタイナイ文化の日本に育つと残しにくいですよねえ。

とどめのパンケーキ

パンケーキは好き?チョコ味?バナナ味?

もう食べられないといったん断るも、「ツアーの昼食は美味しくないからたくさん食べておいた方がいい」と譲ってくれず。「プレーン」をお願い。

ミャンマー流パンケーキ

巨大ですが薄くてムッチリ。うん、これならば食べられる!

食事の途中にキャンドルも持ってきてくれた。朝だけれど。とにかく「いっぱい美味しいものを食べてほしい」というホスピタリティに溢れていた。

ホテルの豪華な朝食

オススメポイント④
現地ツアーの手配をしてくれる

インレー湖観光の準備をしないまま到着したコムギですが、ご主人がプランを練ってくれ、手配もしてくれました。これはラクチンです。

観光マップ

きっちり手配しておかなければ定員オーバーで参加できない欧州や日本と違い、東南アジアのツアーはユルユル。これはとってもラクチンなのです。

しかも、とてもリーズナブル。「地球の歩き方」の事前情報のツアー料金目安の最安値でした。旅行代理店へ行って申込む手間もいらないし、困ったらホテルの主人に頼ればいいし、ホテルで手配をお願いできるとありがたいですよね。

ツアー料金目安
・インレー湖観光 18,000Ks.(約円)
・カックー遺跡観光 50,000Ks.(約円)
・空港送迎 片道15,000(約円)

オススメポイント⑤
自転車の無料貸出あり

ニャウンシュエの街の観光に便利な自転車。レンタサイクルもありますが、ホテル客は無料で貸してもらえます。無料なのもありがたいし、なによりもホテル出発&ホテル返却で手間いらずなのもありがたいですね。

貸し出し自転車

ホテル選びに困ったらおすすめ

ニャウンシュエはいくつもホテルがある。もちろん「カシオペアホテル」よりも安いホテルもたくさんある。ですが、とてもリラックスできてストレスフリーなこちらのホテル、コストパフォーマンス抜群でした。

インレー湖観光の起点に、おすすめです。

* 今回ご紹介したホテルはこちら *

カシオペア・ホテル

Booking.comの予約ページへ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 【インレー湖】ローカル感満点!五日市
  2. いつ訪れても大混雑!聖墳墓教会の「イエスの墓」は早朝ミサ参加で行列回避可能
  3. ビール好きの聖地巡礼!?イスラエル産クラフトビールを飲むなら【Sira Bar】…
  4. 香港の入国審査の大行列に並ばずたった1分で楽々入国できる!”e道”こ…
  5. 3連休で行く弾丸カトマンズ!現地滞在たったの1.5日でもこれだけ楽しめる!

関連記事

  1. シェダゴンパゴダで祈る少年僧

    ミャンマー

    アジア最後の秘境!ミャンマーってどんな国?

    インドシナ半島にある、ミャンマー。お隣のタイに…

  2. ミャンマー缶ビール9本

    ミャンマー

    生ビールが激安!ビール天国・ミャンマービール事情

    海外へ行ったらぜひ飲んでみたい、ご当地ビールた…

  3. ミャンマー

    金色に輝くシュエダゴン・パゴダ。ミャンマー最大の聖地へ

    ヤンゴンに訪れたら必ず訪れたい!ミャンマー最大…

  4. カックー遺跡のパゴダ
  5. テイスティングセット
  6. シャンヌードル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ロシア

    夕暮れどきがオススメ!ボートツアーで運河から眺める水の都サンクトペテルブルク
  2. 羊の頭スタイル

    釜山(韓国)

    釜山のチムジルバン6選!アクセス&特徴まとめ
  3. 嘆きの壁で祈りを捧げる超正統派のユダヤ教徒男性

    イスラエル・パレスチナ

    ユダヤ教の聖地、かつての神殿の象徴「嘆きの壁」で祈りを捧げる人々
  4. ウズベキスタン

    なにか美味しいものあるの?ウズベキスタンおすすめメニューを紹介します
  5. ギリシャ

    【メテオラ】カランバカ市街を一望できる【アギア・トリアダ修道院】
PAGE TOP