香港

週末弾丸で行く香港!費用とスケジュールを公開します(淺水湾,赤柱,土爪湾, 九龍城)

 
洗濯物が干されたビル

有給休暇をとらずに週末だけで行く弾丸・香港旅の費用&スケジュールを公開します

今回行った主なエリアは、

  • 淺水湾(レパルスベイ)
  • 赤柱(スタンレー)
  • 土爪湾(トクワワン)
  • 九龍城(クーロンシティ)

有給をとらなくても、これだけ楽しめる!

弾丸旅の概要・スケジュールと費用

スケジュール

金曜日:会社出社。深夜便で香港へ
土曜日:香港観光
日曜日:香港観光、夜便で大阪へ
月曜日:深夜帰国。朝は会社に出勤

旅の費用

航空券:21,917円(往復)
ホテル:2,800円
———————————–
総合計:約25,000円

航空券

往路:香港エクスプレス・直行便
復路:JetStar・直行便

ホテル

1泊目:無料(空港泊)
2日目:2,800円(198HKD)

金曜日
関空より深夜便で出発

仕事を終えたらその足で関西国際空港へ。

私がこれから香港に行くなんて、向かいのデスクに座る上司は知らないのです。フフ。

20:30
関空を出発

今回のフライトは、香港エクスプレス(HK Express)。

香港エクスプレスの機内/

とっても綺麗で座席もユッタリで、後ろのほうの座席だったけれど快適。

23:30
香港国際空港到着

香港に着くのは夜中。いつもはプライオリティパスを利用して空港で夜を明かすけれども今夜は空港内で眠ります。

香港空港の3列ベンチシート

理由は、”e-channel”を登録したいから。

e-channelに登録すると、香港入出国の際に自動化ゲートを利用できるので、入国審査の長蛇の列に並ばなくてよくなるんですよね。ただ登録オフィスは入国審査直後にあるので、入国しないで営業開始時刻まで空港の制限エリア内で待機しなくちゃダメなのです)

関連記事
香港の入国審査の大行列に並ばずたった1分で楽々入国できる!”e道”ことe-channelの登録体験記

土曜日

07:30
e-channel登録完了

e-channel登録済の日本パスポート

無事にe-channel登録完了。これで香港旅のストレス・入国審査の行列を回避できる。ヤッター。

08:00
空港ロビーでカップラーメン

空港内で待ち疲れたので、カップラーメンで朝ごはん。

空港内で眠ったため体が冷え切ってしまい、暖かい汁物が食べたかったんだもの!

出前一丁のカップラーメン

空港のコンビニ周辺は軽食をとる人がいっぱいなので、恥ずかしさはありません。

ここ香港は日本よりも出前一丁の種類が豊富。

うーん、、朝から食べる味ではなかったな。濃すぎた。

09:00
バスで中心部へ移動

空港から香港中心部までの移動はエアポートバスで。
今回は、中環までのバス:A11で。40HKD(約570円)に乗りました。

いつもは尖沙咀まで行くので、A11に乗るのは初めて。

海沿いを通るので、車窓に目が釘付け!

開発中の香港島

香港の開発の様子と海、摩天楼を眺めながら、1時間かからず中環へ。

中環、交易廣場のバスターミナルで乗換え

中環の怡和大廈(Jardine House)バス停で下車。

50mほど離れた交易廣場のバスターミナルまでは歩きます。接続してくれたらいいのに〜!

赤柱行きのバス

ちょうどバスが出発するところ。あわてて飛び乗ります。

淺水湾(レパルスベイ)

交易廣場のバスターミナルより、「6番系統」のバスで淺水湾へ向かいます。

淺水湾海灘駅までは、中環より約30分乗車、運賃は8.5HKD(約120円)でした。

夏は人気の海水浴場

海水浴場で有名なところ。慕情の舞台にもなったところとか。

ですが、オフシーズンの海水浴場は、まったく楽しくない。

オフシーズンの淺水灣の海水浴場

なぜ来たのか、、自分の選択ミスにがっかり。

名物風水マンション・ザ・レパルスベイ

そして、有名な風水マンションもあります。

淺水灣の風水マンション

中央に空いている穴は、竜の通り道。穴というには巨大ですがね。

ここ淺水湾は、風水的に最高の場所なのだとか。

天后廟

近くには縁起の良いポップな神様が祀られている天后廟(ティンハウミュウ)があります。

天后廟の外観

中国人観光客でごった返していた。いろいろご利益があるらしい。

赤柱(スタンレー)

さきほど中環から乗ってきたバスと同じ系統のバスに乗ります。次なる目的・赤柱(スタンレー)へ!

降ろされたのは、商業施設・「スタンレープラザ」の前だった。

赤柱広場

いたって普通の商業施設。むしろツマラナイ・・・

のどかな海景色を眺めながら買い物やテラスでの食事を楽しむ】のが赤柱観光の楽しみ方らしいのですが、

お天気が悪かった。寒い。テラス席でビールを飲もうと思っていたが甘かった。

レストランが並ぶ赤柱

つまり、悪天候の赤柱では、やることがなかったのでした。そそくさと退散。次へ移動します。

湾仔(ワンチャイ)

行きにおりた、赤柱のバス停より、香港島北側へ戻るバスへ乗る。
今回は中環までもどらずに湾仔(ワンチャイ)で下車。

湾仔では、ひたすらブラブラ歩くのみ。

歴史建築・藍屋

湾仔の歴史建築・藍屋

可愛い建物があったり、

リートン・アベニュー

レトロな中国カラーで彩られたショッピング・スポット、リートンアベニュー。

湾仔の赤提灯

インスタ映えする可愛さ。可愛い女の子たちがこぞって写真撮影してた。赤柱にも淺水灣にも日本人はいなかったけれど、ここにいましたか!

廟街(テンプルストリート)

MTR・佐敦(ジョーダン)駅で下車、廟街(テンプルストリート)へ。

廟街の入り口付近

個人的には女人街で売っているものはある程度見つけることができるし、比較的空いている。まとなっては女人街は行かなくなった。

甥っ子のお土産購入

バスケットに夢中な甥っ子へ。

NBAのチームのピンバッジたち。

NBAのピンバッジ

これは嬉しいはず!チームは3つくらいしか知らないけれど。

これ全部で280HKD(約4,000円)。見つけた喜びで値切るのを忘れていた。言い値で買ってしまったわ。

夕食は廟街の食堂で

廟街のレストラン

本日、ロクなものを食べていない。廟街の通りのなかにあるお店で。

割高料金だけれどパラパラで美味しいチャーハン!

屋台のチャーハン

ぺろっと平らげちゃう。これで1,200円くらいです。高い!ビールは400円くらい。

ホテルチェックイン

今回は常宿である重慶大厦には泊まらず、はじめてのドミトリーへ。不安になるビル内。

ドミトリーのマンション

でも重慶大厦を経験しているからなんともないわ。

女性専用6人部屋ドミトリー

香港のドミトリーに初挑戦。

6名1室のドミトリー

なかなかの部屋でした。

2段ベッドはかなり軽く、ハシゴに足をかけるとベッドこと転倒しちゃうのではないか?と不安に。狭いし老朽化しているけれど、シーツは清潔で掃除も行き届いていました。共用の風呂・トイレは部屋の内部にあって、誰かが使用していると使えないシステム。。リピートするかは謎。

香港クラフトビールを楽しむ

シャワーを済ませてから、いざ夜遊びへ!香港クラフトビールの飲めるお店へ。

香港クラフトビール

ヤングマスターのクラシック・ペールエール。ほんのり柑橘類の香りがして、後味スッキリ!飲みやすくて好みです。

香港旅1日目の素敵な締めくくりができました。

日曜日

美都餐室で朝ごはん

香港ガイドブックの掲載率100%、美都餐室(ミドカフェ)へ。いままできたことなかったけれど、宿泊した宿からすぐ近かったのです。

美都餐室

日本人のイメージする、キッチュでレトロな香港らしい雰囲気。

香港名物の菠蘿油(パイナップルパン)を。
お店のウリはミルクティーらしいけれど無視してブラックコーヒーを注文。

パイナップルバンとコーヒー

菠蘿油(パイナップルバン)は、ふんわりしているけれどメロンパンの香りと似ている。厚切りバターが挟まれている。美味しい。でも、さぞかし高カロリーなんだろう、と気になってしまいます。

リンツのチョコを買いに旺角へ

にぎわう旺角

旺角(モンコック)へきたのは理由がありました。

それは香港土産・チョコを買うこと!

香港は有名チョコレートを安く買えるのです。免税だからでしょうか。

薬局で売っているリンツのチョコが激安!

薬局の軒先で売られているチョコが安いです。日本のドラッグストアでもお菓子が売られていたりしますが、そのイメージに近いかも。

香港の薬局

おめあては、リンドール、600gのアソートパック。
コムギ家族、祖母、母、姉、そして義兄も父からも大好評のリンツのチョコレート。

LINDORのアソートパック

リンドール アソートパック 600g
88HKD(約1,250円

安すぎませんか!?

およそ50粒はいっているので、ひとつぶ30円くらいですね。重すぎるのが残念です。

今回は家族だけで5袋買い、リュックの中身は3kg増量。午後の旅程に影響をきたしました。

土瓜灣

MTR・旺角駅からMTR沙中線の何文田駅へ移動。そしてそこから徒歩で土瓜湾へ。

カラフルな建物群が近づいてくるとワクワク!

土瓜湾のカラフルな街並み

ここは、開発が進む香港のなかでも、香港らしさをのこしている場所だとか。

たしかにMTR駅からも歩くし不便ではある。観光客も見かけなかった。

土瓜湾のノスタルジックな街並み

土瓜湾十三街

アパートが立ち並ぶ、土瓜湾十三街。ここはオススメスポットです。

歩いていても楽しいし、写真映えもする。

カラフルな建物

フォトジェニックな、カラフルなマンションが並んでいた。

香港のお約束・外に突き出した物干し竿に吊るされる洗濯物。

洗濯物が干されたビル

九龍城

九龍城の交差点

いまはなきスラム街、九龍城砦があったところ。一度行ってみたかったものです。

九龍寨城公園

九龍城砦は取り壊され、いまは九龍寨城公園になっている。

九龍公園

のどかです。

絶品のワンタン麺に出会う

香港グルメで挙げられる雲呑麺(ワンタンメン)ですが、いままでさほど美味しいと思ったことはなかった。ワンタンはプリプリで美味しいけれど、肝心の細麺がどうも好きになれなくて。

絶品雲呑麺

ですが、はじめて、感動する美味しさの雲呑麺に出会ったのでした。

麺もスープも、ガーリックチップも全てが調和して絶品!

九龍城エリアは美味しいお店が多いとガイドブックに書いてあったけれど、本当にそうなのかも。もっと探せが名店がたくさんあるのかも。

エアポートバスで九龍城から香港国際空港へ

九龍城にもエアポートバスの停留所があります。

九龍城から空港行きのバス停

ぎりぎりまで香港の街を歩いて、直接空港へ向かいます。

香港はバスが発達しているので、旅行者にはありがたいな。

香港国際空港

香港国際空港

今回は珍しく、ターミナル2からの出発です。ターミナル2にはラウンジがないのですよね。ぐぬぬ

20:10
香港国際空港を出発

帰りはJetStarで。荷物検査も、機内に乗り込んだあとも、いろいろ規制が厳しく、嫌いな飛行機です。

ジェットスター機内

00:50
関西国際空港に到着

深夜便で到着。飛行機は予定より15分遅れ。

関空は深夜につき、とっても静か。自動おそうじロボか稼働していた!

関空のおそうじロボ

ひとりでクルクル動きながらお掃除。ついつい見入ってしまう。いや〜、いいもの見れたわ!

01:30-02:15
リムジンバスで梅田まで

リムジンバスならば、梅田行き、なんば行きが30分ごと、交互に出発しています。コムギは難波行きに乗りなんば駅からタクシーで帰宅しました。

おつかれさま!

6時間後は会社ですよ〜

まとめ

会社を休まずに行く、週末弾丸・香港旅。

2019年2月の香港旅は、今まで行ったことのないところへ。

  • 淺水湾(レパルスベイ)
  • 赤柱(スタンレー)
  • 土爪湾(トクワワン)
  • 九龍城(クーロンシティ)

淺水湾・赤柱など海水浴場系は、オフシーズンは超つまらないということと、

土爪湾のマンションの景観は、趣が残る今のうちにみておくべき!

行くたび、街の様相が変化する香港。

週末でも(無理すれば)遊びにいけちゃいますよ♪

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



ピックアップ記事

  1. 出発前のクタクタを回避!面倒なロシアビザ取得は代行業者に頼むのが吉。
  2. 週末海外!3泊4日でウルル登頂してきた(エアーズ・ロック)
  3. カトマンズ行きのフライトが欠航に!そのときネパール航空の対応は?
  4. 香港の入国審査の大行列に並ばずたった1分で楽々入国できる!”e道”こ…
  5. なんと750円!世界遺産ミーソン遺跡へはホイアン発現地ツアーが格安でオススメ(た…

関連記事

  1. 香港

    あなたのお粥観を変えるかも?ハフハフ食べたい皮蛋瘦肉粥

    香港のグルメガイドを見ると「粥」特集ページ…

  2. 香港

    できれば毎月通いたい!わたしが香港を好きな理由

    香港が好き。香港には数回渡航していますが、まだまだ行きたいとこ…

  3. 香港

    シグナル8発令!香港旅行中に台風が接近したらとるべき行動は?

    香港製のiPhoneを購入したくて香港へ来たけれど、Apple…

  4. 重慶大厦 入り口

    香港

    尖沙咀の魔窟!カオスな雑居ビル・重慶大厦に泊まってみた

    香港のホテル代は高い。香港は地価が高く、それに伴いホテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 北京(中国)

    ツアー団体客のいない穴場の万里の長城なら慕田峪長城がおすすめ!どっぷり歴史ロマン…
  2. ギリシャ

    【メテオラ】カストラキのおすすめタヴェルナ情報&可愛いギリシャ食器お買い上げ!
  3. ホイアン(ベトナム)

    めざせコンプリート!ホイアンに来たなら絶対に食べたい4大名物グルメ
  4. 慶州(韓国)

    【週末弾丸プラン公開】2万円で行く世界遺産のまち・慶州の旅(1)
  5. フィリピン

    【ビガン】フィリピンの邸宅に泊まろう!ビガンのおすすめホテル【ヴィラ・アンジェラ…
PAGE TOP