ハルビン・成都(中国)

中央大街で食いだおれ!ハルビンの名物グルメ4選

 

美食の看板


弾丸旅でもしっかり楽しみたい!ハルビン名物グルメをご紹介します。すべてハルビンのメインストリート、中央大街のお店なので時間との戦いの週末弾丸旅でも大丈夫ですよ。

目次
1.「馬迭爾冷飲庁」のアイスキャンデー
2.「塔道斯西餐庁」のロシア料理
3.「東方餃子王」の水餃子
4.ご当地ビール!ハルビンビール
5.まとめ

「馬迭爾冷飲庁」のアイスキャンデー

モデルンホテル1階のアイスキャンデー

トップバッターはアイスキャンデー。中央対外の一角にある小さな窓口のアイスキャンデー屋さん「馬迭爾冷飲庁」。

アイスキャンデーなんて、どこでも作れそうなもの。なぜ名物なのかは不明ですが、このアイスキャンデーショップは、いつ通り過ぎてもアイスキャンデーを買い求めるお客さんでごった返している!

馬迭爾冷飲庁のアイスを食べる人たち

良い大人もみな、立ち止まってアイス休憩。平和だなあ。コムギも通り過ぎるたびに食べちゃった。

馬迭爾冷飲庁前でアイスを食べる人々

ひとつ5元(約80円)、3種類

フレーバーは3種類。バニラ、フルーツ(?)、コーヒー。なんだか懐かしくて美味しい。3種類制覇も達成!

バニラ味

中央大街のアイスキャンデー

コーヒー味

馬迭爾冷飲庁のアイスキャンデー

フルーツ味

馬迭爾冷飲庁のアイスキャンデー

お店情報

馬迭爾冷飲庁
住所:中国ハルビン中央大街89号马迭尔宾馆
営業時間:

「塔道斯西餐庁」のロシア料理

「塔道斯西餐庁」のロシア料理「塔道斯西餐庁」。

ロシア×中華のミックスが楽しめるハルビン。ロシアのお料理も楽しめます。せっかくだから一食はロシア料理にトライしてみよう。

塔道斯西餐庁の外観

少し高めの価格設定ですが、なかなかゴージャスな雰囲気で英語メニューも充実。ゆったり過ごせるのでおすすめ。

ロシア料理レストランの豪勢なテーブル ロシア料理レストランの店内

ロシア料理レストランのテーブルセット

ボルシチ(紅菜湯)

ロシア料理の代表、ボルシチ。ビーツの赤色は派手だけれど、味は優しいスープ。まあ、パンチはないよね。

ボルシチ

ボルシチ 18元(約275円)

キャビア(ブラック・キャビア)
キャビア

キャビア 88元(約1,340円)

「Black Cavier」がいわゆるチョウザメの卵。「Red Cavier」がイクラのこと。日本に比べたら破格に安いということで、キャビアを食べてみた。

うーん、わざわざ食べるほどでもないかな?食べなれていないからでしょうか?

トリュフもそうですが、キャビアって単体で食して「ウマイ!!」と感激するタイプの食材ではない。「キャビア」や「トリュフ」を乗っけるベースのお料理が美味しくあってこそのプラスアルファではないのかしら。

単体で食べても感激の美味しさ、日本で食べる「いくらの醤油漬け」が断然好みだと改めて思うコムギでした。

羊肉のシャシリク

チャンスがあれば、羊肉を食べたいコムギです。シャシリク(串焼き)メニューがあったので、迷わず羊肉を選択!なかなかのボリュームだった。

羊のケバブ

シャシリク(羊肉)68元(約1,080円)

羊のケバブ

つぼ焼きタンシチュー
牛タンの壺煮込み

牛タンの壺煮込み58元(約900円)

ビール

ロシアビールを頼んだら、見覚えのあるクマのデザイン!これ、アゼルバイジャンで飲んだビールと同じだあ。そのときは「アゼルバイジャンにきたのにロシアビール買っちゃったわ」と悔やんだなあ。まさかロシアでもなく中国・ハルビンで再開するとは思わなんだ。

ロシアビール

ロシアビール 25元(約380円)

再会に乾杯!

お店情報

塔道斯西餐庁
住所:中国ハルビン黑龙江省哈尔滨市道里区中央大街127号
営業時間:

 

「東方餃子王」の水餃子

せっかっくだから中国料理を食べなくちゃね。おひとりさまでも入りやすい水餃子店「東方餃子王」がおすすめ

チェーン店で旅行者も入りやすい雰囲気

水餃子「東方餃子王」は水餃子の人気チェーン店。旅行者にも入りやすくリーズナブルでおすすめ!

東方餃子王の店内

メニュー表にチェックをつけてオーダーする

メニュー鉛筆でチェックをして店員さんに手渡してオーダーするシステム。

東方餃子王のメニュー

メニュー表の一部のメニューには写真もついていた。英語の説明はないから漢字より具材を推測。日本人なので漢字を読めるけれど、漢字圏外の旅行者はタジタジなんだろう。

無料で出てくるのはお水ではなくお湯!

中国でも飲み物が無料で出てきます。でもこれ、お湯なのです。耐熱グラスに熱いお湯が注がれます。中国はビールも常温が好まれる。冷たい飲み物は体を冷やすため,忌避されているのですよね。美味しいのにね!

お湯とテーブルセット

ビールを頼むと、「冷たいのにする?」と丁寧に聞いてくれた。ぬるい!と怒る外国人旅行者も多いのでしょうね。無事に冷たいビールを飲むことができました。

ハルビンビール

哈爾濱ビール 1990 12元(約180円)

チョイスはもちろん、ご当地の哈爾濱ビール!

テーブルには薬味が並ぶ。タレはお好みで作る

餃子用の薬味

ここぞとばかりにニンニクをぶっこむ!今日も明日も,ひとり旅!ニンニク臭くてもモウマンタイですね。

 

ボリューム満点!完全に頼みすぎた

日本だと「小さめひとくち餃子を5つで一皿」がスタンダード。日本の感覚で注文してしまった。ボリューム満点、かつ一皿の個数も多い。ウッカリ3皿頼んでしまったぜ。。恐れおののくコムギです。

おおあたり!セロリの餃子「西芹猪肉水餃」

3皿注文したうち、こちらのセロリ入り餃子がダントツで美味しかった。肉汁のなかのセロリがシャキシャキとアクセントになっていて、そして口の中がさっぱりする。

てんこ盛りのセロリの餃子

一皿18元(約275円)

看板メニューの「鮮魚水餃」は肉肉しい

写真付きだったし、おそらく店のイチオシのメニュー、鮮魚水餃。お肉がたっぷり。このボリュームはアラフォーには厳しいわ。セロリ入りの水餃子に軍配。

鮮魚水餃

鮮魚水餃 26元(約400円)

焼き餃子はイマイチ

焼き餃子は論外でした。日本のモッチリ餃子が好き。

焼き餃子

一皿15元(約230円)

お店情報

東方餃子王(中央大街店)
住所:中国ハルビン中央大街37号(地下)

さすが中国。Googleマップに登録がありません。人気店のはずなのに!?中国ではGoogleが使えないので、必然的に登録ポイントも少ないのですよねえ。旅行者泣かせな国だわ。場所はコチラです。↓。

お店は地下ですが、1階に看板が出ています。

ご当地ビール!ハルビンビール

哈爾濱啤酒4本

ハルビンといえば、「ハルビンビール」!缶ビールと瓶ビールの知名度は中国全国区レベルですが、せっかくならばクラフトビールも楽しむのをオススメ。

ハルビンの屋台街のビールスタンドで飲める

中央大街からのびる支路にひろがる屋台村のなかに、かならずビールスタンドがあります!

青島ビールのカウンター

ここはハルビンだけれど、青島ビールのスタンドもありました。

青島ビールの屋台

数種類の生ビールサーバーとクラフトビールのスタンド

ビールスタンド

ご当地クラフトビールもあるよ

ZINNBACH クラフトビール

少し高めですがクラフトビールも飲めちゃいます。

ハルビンのクラフトビール

ジョッキに入ったクラフトビール

中国では日本ほど食事の際にビールを楽しむ文化がないため、中国でこんなにビールが大々的に販売されてているのは初めて見るかも!?なんでも、ハルビンビールは青島ビールより歴史もあるのだとか。

屋台街の中央には、フリースペースがあるのでそちらで座りながらビールを楽しめます。

ハルビンの屋台でビールを飲む

屋台のテーブル席

せっかくならば、ハルビンの夜&ご当地ビールを楽しみましょう。ちなみに味は対して美味しくなかった。

ハルビンビールの飲めるところ

屋台のビールスタンドで買おう。ハルビンビールのワゴン販売などもありますよ。

まとめ:弾丸旅でも無問題!ハルビンご当地グルメを楽しもう

チャイナとロシアのミックスした街、ハルビン。ご当地グルメも同じくミックス。せっかくならば、中国の「水餃子」ロシアの「ボルシチ」「つぼ焼き」などなど、どっちのお料理も楽しんじゃおう!そして、懐かしい味の「馬迭爾冷飲庁」のアイスキャンディーを食べることもお忘れなく。

こちらの記事も読まれています

▼ハルビンへ行くならばチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 週末海外でドイツへ!本場の地ビールを飲みまくる旅のスケジュール
  2. ビールを愛する旅人必読。ビールへの情熱と覚悟が試されるヨルダンのビール事情
  3. 刺身、貝焼き、メウンタン!民楽刺身街で海鮮グルメざんまい
  4. ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと
  5. 【バリ島・ウブド】寄り道が楽しい♪ウブド王宮からゴア・ガジャ遺跡まで歩いた体験記…

関連記事

  1. 聖ソフィア聖堂

    ハルビン・成都(中国)

    週末海外!3連休で行くハルビン(哈爾濱)&成都パンダ基地 旅のスケジュール

    秋の3連休でいく、中国東北部のハルビンの旅。乗り継ぎの成都…

  2. パンダ
  3. 松花江のサンセット
  4. じゃれる赤ちゃんパンダ
  5. 中央大街のカルフルな歴史的建造物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ホップオンホップバス

    オーストラリア

    ツアーより格安で自由!ウルルのシャトルバス「Uluru Hop On Hop O…
  2. アムステルダム国立美術館の正面入り口

    オランダ

    【トランジット】乗継時間に行く!アムステルダム滞在12時間の弾丸観光プラン
  3. ミャンマー

    【インレー湖】風情満点!ロング・ウッデン・ブリッジ&ボートで水上集落めぐり
  4. 週末海外旅

    【トランジット】乗継時間に行く!かけあし上海イイトコどり
  5. 送迎バス

    ヨルダン

    ペトラ〜ワディ・ラムを公共バスで移動!チケット購入方法&乗車レポート
PAGE TOP