宮城県

【週末弾丸】宮城の秋旅のスケジュール(松島・石巻・秋保温泉)

 

サイボーグ009

大阪在住の会社員コムギの、
週末に行くパルタントラベラー日記。

松島・石巻・秋保温泉の旅。
旅のスケジュールをダイジェストで紹介します。

2日間でしたことは、

● 松島でおくのほそ道スポットめぐり
● 松島で絶品 カキ定食
● 石巻の日和山公園
● 秋保温泉 

秋保温泉は知人と行ったので、スパルタンさに欠ける旅となってしまった。

ご参考にどうぞ!

1日目(土曜日)

移動:
大阪~神戸

スカイマークのため、神戸空港へ。大阪からのアクセスは、1時間かからないけれど、乗換えが面倒。

早朝の大阪

移動:
三宮~神戸空港

ポートライナー ¥340
三宮ー神戸空港

 モノレールは一番前の座席。

ポートライナー

神戸空港に到着

近代的な駅だなあ。

ポートライナーの神戸空港駅

移動:
神戸~仙台

飛行機(スカイマーク)¥4,930
神戸ー仙台

7:35
神戸空港

スカイマーク機体

登場時にみつけた、ロコンのジェット機。そんなのあるんだ。

ロコンの機体

AIRDOのボーイング767型機デザインで、「ロコンジェット北海道」だって。可愛い。

スカイマークは、座席広々。

スカイマークの機内

ホットコーヒーとキットカットのサービス。快適だ。

コーヒーとキットカット

9:50
仙台空港

スカイマーク機体

到着すると、楽天推し。ここ仙台は楽天イーグルスの地だった。

楽天イーグルス広告

移動:
仙台~本塩釜

仙台空港アクセス線 ¥660
仙台空港ー仙台

JR仙石線(石巻行) ¥330
仙台−本塩釜

仙台空港

仙台空港の外観

仙台空港アクセス線に乗り換え。
いつも混んでいるし、なかなかつかないし、乗ると疲れるアクセス線。

仙台空港アクセス線のホーム

仙台空港

ホームから構内へのぼる階段(エスカレーター)が細すぎる!いつも大渋滞でイライラ。エレベーターの方が早かったわ。

仙台駅の大行列

JR仙石線のホームへ。
わお!仮面ライダーだあ。

石巻につながるこの線の車両は、石ノ森章太郎の漫画キャラクターが描かれたマンガンタンライナー車両が運行中。

マンガンタンライナー

11:19
本塩釜

JR本塩釜駅

移動:
本塩釜マリンゲートへ

大きいイオンがあった。

イオン

イオンを通り過ぎて陸橋を登る。

本塩釜マリンゲート

本塩釜マリンゲート

本塩釜マリンゲートの外観

「ひがしもの」を食べ損ねる

三陸塩釜ひがしもの
9月〜12月にかけて塩釜市魚市場に水揚げされるメバチマグロのうち、鮮度・色つや・脂のり・旨みに優れているもの

マリンゲート内のお寿司屋さんを調べてきたのですが、時間がなくて入店できず。ぐぬぬ

山孝塩釜店のメニュー

食べたかったな、メバチマグロ。しかも、ばっちり12月なのに〜。悔しいな。

遊覧船:芭蕉コース

松尾芭蕉が舟に乗って松島観光をしたときのコース。

ここ本塩釜と松島の中心地を往復しています。

遊覧船芭蕉コース

芭蕉コース ¥1,500 約1時間
マリンゲート塩釜〜松島海岸レストハウス

出発までの時間つぶし

美味しそうなつまみを発見。うーんビールを飲みたいけれど、我慢。

ほたてあげ

宮城の地酒といえば、


● 一ノ蔵

ミニボトルがある〜!クルーズ船で宴会できるやん。と思うけれど、耐えた。

宮城県の日本酒

寒いなか、1時間のクルージングだもの。海の上で尿意に苦しめられたくないもんね。

生秋刀魚

今年はサンマ価格高騰につき、焼き秋刀魚は食べていなかったな。

出航5分前、船にのりこむ。今日は「はやぶさ」号。あれ、3階建の船ではないのか。

はやぶさ

12:00
出航

松島へ向けて出発。船内は暖かいし、窓もおおきく眺望もヨシ。

はやぶさの船内

でも、あえてデッキで過ごす。

船から見た工場

トイレがついていた!ビール飲めたやん。

船のトイレ

松島エリアの奇岩を眺めながら進む。

奇岩

波のかたちの奇岩

なんだこれ!
もはや現代美術作品ではないかしら。

波の形をした奇岩

こまち岩

松島の数々の島のうち、いちばん女性的な美しさのある島が「こまち島」だって。まあるいフォルムが美しい。

船から見たこまち岩

12:40
松島に到着

はやぶさの外観

そう、これくらい大きい船だと思っていたのよね。名前も「芭蕉号」だしさ。

芭蕉丸

松島は、本塩釜とは違い、人で賑わっていた。
松島は三度目だけれど、いつ訪れても賑わっている。

五大堂

日本三景の碑

知ってる!

日本三景の碑

日本三景は、

● 松島(宮城県)
● 天橋立(京都府)
● 安芸の宮島(広島県)

すべて、文句なしの景勝地。

日本三景の日

そうなの!?

五大堂

遊覧船からおりてすぐの五大堂へ。

五大堂の橋

ここも、いつも賑わっているな。

五大堂

ちょっと欲しいな〜。

芭蕉Tシャツ

瑞巌寺・・・は通り過ぎる

もう2回参拝したしな。今回は時間がないのだ!

瑞巌寺

漁師の海鮮丼

並ぶ覚悟でやってきた。
やっぱり、並んだ。

漁師の海鮮丼の行列

漁師の海鮮丼
宮城県宮城郡松島町松島町内29-5
Googleマップ
漁師の海鮮丼(食べログ)

実際に待った時間は、トータルで約1時間。

● 入店まで約30分待ち
● 提供まで約30分待ち

漁師の海鮮丼の店内

ビールを飲んで待っていたから、いいけどね。
おはしカバーが可愛らしい。

可愛いお箸

待った甲斐がある、大満足の昼ごはんでした。

牡蠣定食(冬季限定)¥2,200

おお〜〜!思わず声をあげちゃう。

漁師の海鮮丼の牡蠣定食

かき丼。立派な牡蠣がゴロゴロ、20粒はある。食べても減らない。幸せ〜!

牡蠣丼

松島産の牡蠣は小ぶりだと思っていたけれど、違っていた。加熱しているのに、とっても大粒。

プリプリの牡蠣

生牡蠣2個。テュルン。

生牡蠣

牡蠣フライも2粒。美味しい〜!

牡蠣フライ

箸休めには、仙台名物の笹かま。最高や。

笹かま

お味噌汁も、磯の香りがして美味しい。

味噌汁

大満足の牡蠣定食。オススメです!

漁師の海鮮丼の外観

雄島

松尾芭蕉の「おくのほそみち」の地、雄島。松島クルーズより、断然良かった

雄島の渡月橋

島を一周できる

渡月橋を渡って島へ。

雄島入り口

ぐるりと歩いて10分もかからないくらいでしょうか。

古来の霊場だったところ

ここ雄島には、岩窟や、潮風に侵食・風化した仏像がいくつもある。

石仏

古来の霊場で、修行僧や巡礼者が訪れたところ。その雰囲気は、いまも十二分に残している。

雄島の岩窟

修学旅行生や観光客でにぎわうエリアからさほど離れていないのに、とても静かな雄島。松島エリアは三度目だけれど、初めて訪れたわ。おすすめです。

雄島からみたふたご島

トイレに立ち寄り

島にはトイレがないので、あわてて走る。

公衆トイレ

移動:
松島海岸~高城〜石巻

仙石線(高城町行)
仙石東北ライン快速(石巻行) ¥510
松島海岸ー高城ー石巻

15:33
JR松島海岸駅

JR松島海岸駅

ホームで待つ。寒い。
ふたたび、マンガッタンライナーⅡがやってきた。

マンガッタンライナーⅡ

ついつい写真を撮っちゃう。派手な車内。

マンガッタンライナーⅡの車内

マンガッタンライナーⅡの天井

高城(乗換え)

乗り継ぐ電車の到着が遅れている。寒いよう。

高城駅ホーム

16:14
石巻

電車は10分遅れて到着。到着する頃には、ほぼ日が落ちている。急がなくっちゃ!

石巻駅ホーム

石巻駅も、石ノ森章太郎作品にジャックされていた。

JR石巻駅

サイボーグ009と仮面ライダー

移動:
日和山公園へ(徒歩)

急がなきゃ、日が暮れちゃう。

石巻マンガロード

石ノ森章太郎の漫画のキャラクターたちで溢れる。

ピュンマ

ピュンマ

島村ジョーの像

島村ジョー

アルベルト・ハインリヒ

アルベルト・ハインリヒ

カラスの大群。

カラスの群れ

階段を上る

日和山公園の高台にむかって、階段を上る。

日和山公園の階段

坂道をひたすら、登る。

日和山公園への坂道

眼下には、石ノ森萬画館。

日和山公園坂道から眺めた石ノ森萬画館

綺麗だなあ。
日が暮れてきてる!やばい。

たいへい桜から眺めた石巻

たい平師匠の桜

途中に、大きな桜の木。

たい平桜

商店でおなじみの、たい平師匠が、こちらの桜の木の前で噺家になることを決意したのだとか。

たい平師匠の、いつもハツラツとした笑いが好きです。とりあえず、手を合わせておく。

日和山公園

到着する頃には、もう真っ暗。あ〜あ。

日和山公園

神社の鳥居が修繕中。強力な照明のおかげで、明るい。助かった。

鹿島御児神社の白い鳥居

東日本大震災のとき、この日和山に避難して助かった人もいる。

眼下にひろがる土地は、津波で飲み込まれたところ。

日和山公園から眺めた景色

祈念公園として整備中とのこと。

日和山公園から眺めた工事中の建物

松尾芭蕉の句碑

神社の境内のなかにありました。暗闇のなかで探すのは大変!

松尾芭蕉の句碑

松尾芭蕉と曽良の像

松尾芭蕉と曽良の像

移動:
日和山公園~元気の湯へ(徒歩30分)

まっくらで誰もいない日和山公園を後にし、温泉スーパー銭湯へ向かいます。なんと徒歩30分

夜道

でもね、知らない道を歩くのは楽しい。

交差点

Mr.マサトシ氏の看板。

マサトシのポスター

天然温泉 元気の湯

目的地に到着!

元気の湯の入り口

天然温泉 元気の湯
宮城県石巻市大街道北1丁目6-29
Googleマップ
入湯料 ¥800 貸しタオルセット¥180

 

700m掘ったら湧き出た温泉。スーパー銭湯に近いけれど、泉質は満足。人口高濃度炭酸温泉が大人気だった。

天然温泉 元気の湯の露店風呂

画像は公式サイトより

風呂上りのビール。キンキンで嬉しい。瞬殺。

キンキンに冷えた生ビール

移動:
元気の湯~JR陸前山下駅(徒歩10分)

駅まで急ぐ。

夜道

移動:
陸前山下~あおば通

JR仙石線 ¥860
陸前山下ーあおば通

JR陸前山下駅

JR陸前山下駅

新しい駅舎。
無人駅だった。

JR陸前山下駅のホーム

あおば通

あおば通で下車。

あおば通の駅構内

今回の宿は国分町なので、そちら方面へ歩く。

近くに人気ラーメン店があるのに、店はもう閉店している。ほかのラーメン店も、軒並み閉店していた。飲んだあとに〆ラーメンを食べる文化、仙台にはないの?

仙台の商店街

国分町の立ち飲み店

なんとなく入店。ぼんてん酒場さん。おおあたり!

ぼんてん酒場

ぼんてん酒場
宮城県仙台市青葉区一番町4丁目5-19
Googleマップ
ぼんてん酒場ー勾当台公園(食べログ)

ほぼ300円均一の、すてきな居酒屋だった。生ビールも1杯300円。わーい。

牛もつと生ビール

マグロの刺身

お刺身

まぐろ刺身¥500
刺身¥400
生ビール¥300
もつ煮込み¥300

お刺身のクオリティが高い。さすが東北〜!

チェックイン:
カプセルホテルリーブス

カプセルホテルリーブス
宮城県仙台市青葉区国分町2-9-20
Googleマップ
女性専用カプセル ¥3,000/泊

 

女性専用フロアのカプセルホテル。デザインが古いタイプのカプセル。ヨコから入るタイプ。面白い。

カプセル個室

上の段はしんどそう。

カプセルホテル

2日目(日曜日)

今日の観光は、

●秋保大滝
●磊々峡(らいらいきょう)
●秋保温泉

9:15
チェックアウト

陽光が入らないカプセルホテルだったせいか、眠りすぎてしまったわ。早起きして観光するつもりだったのに。

カプセルホテルリーブス

仙台のマンホール。グリーンが明るい。

仙台のマンホール

朝食:ドトールコーヒー

コーヒーを飲みたくて入店。

ドトールコーヒー

定禅寺通りのけやき並木。仙台のまちのイメージは、ここ。

定禅寺通のケヤキ並木

朝の国分町をブラブラ

国分町

朝の国分町

ホスト店の大きな看板は、すすきのの街を彷彿とさせる。地方の繁華街あるある、なのかな。

朝の国分町

ホストの広告

10:10
観光スタート

今日は、知人と秋保温泉へ。車を出してくれた。そのため、まったくスパルタンではなく、ゆるゆる温泉旅にシフトチェンジ

秋保大滝へ向かう道

秋保大滝

めっちゃ寒かったです。

秋保大滝

秋保大滝
宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝
Googleマップ

寒さのあまり、せっかくきたのに滝滞在時間は1,2分でしょうか。

秋保大滝不動尊

磊々峡

磊々峡(らいらいきょう)って、読めない。

磊々峡

磊々峡(らいらいきょう)
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字 除26-1
Googleマップ

自然歩道になっている。良いコース。

ハートの石

本当かしら。。作りモノ感がすごい。

磊々峡のハートの石

奇面岩

ヒトの横顔に見えなくもない!?

磊々峡の奇面岩

八間岩と滝

岩が横八つに割れている八間岩。

磊々峡の八間岩と滝

磊々峡、気に入りました!

磊々峡

宮城県限定ウィスキー
伊達」を買う

少しプレミアがついているらしい。ウィスキー好き。

ウィスキー伊達

伊達 720ml ¥3,850

仙台秋保温泉 ホテル瑞鳳

大型ホテルの日帰り入浴へ。ドラマで見るような、大型旅館。

仙台秋保温泉 ホテル瑞鳳のロビー

入湯料は高めだけれど、内湯も露天風呂も広くて、サウナも2つある。

ホテル瑞鳳の風呂

仙台秋保温泉 ホテル瑞鳳
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字 除26-1
Googleマップ

移動:
仙台~仙台空港

仙台空港アクセス線 ¥660
仙台ー仙台空港

仙台空港アクセス線

移動:
仙台~神戸

飛行機(スカイマーク)¥4,930
仙台ー神戸

19:35
仙台空港

仙台空港

21:05
神戸空港

スカイマークだと、ほとんどストレスがないわ。でも神戸からの移動が面倒だ。明日は仕事。

おしまい。

やっぱり、ひとりで旅したい
そう気づいた仙台2日間

とにかく、楽ちんな旅だった。

●飛行機移動(しかもPeachじゃない!)
●秋保温泉は車移動

車で移動すると、ほとんど記憶に残らないものですね。誰かと旅すると、おしゃべりもするし、集中力も途切れる。なんだか私らしさにかける旅になっちゃったな。やっぱり、旅はひとりがいい。

それに、”スパルタン”さは、ほとんどない。まったく楽ちんな旅でした。でも、師走の旅には、ちょうど良い!?

おしまい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




竜宮岬と開聞岳南さつま3日間の旅のスケジュール(指宿・開聞・知覧)前のページ

原付バイクでめぐる佐渡島3日間の旅のスケジュール次のページひまわり園とバイク

ピックアップ記事

  1. 現地通貨を余らせずに遣いきるコツ
  2. 【百寺巡礼】第69番 長勝寺 “禅林街の奥に端然と鎮まる津軽藩の菩提寺”
  3. イスラム教の聖地「岩のドーム」観光は入場可能日に注意
  4. 【週末弾丸】突然の沢登りデビュー&草津から伊香保へ温泉地ハシゴ旅
  5. ブドウ畑を背景に乾杯!ミャンマー初のワイナリー【エーターヤー・ヴィンヤード】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ワディラムのテント

    ヨルダン

    砂漠に泊まろう!ワディ・ラムのキャンプ泊は超ロマンティック
  2. 北海道

    ”羅臼湖ルール” は絶対厳守!秘境・羅臼湖トレッキング
  3. 機内でぐっすり眠る

    週末旅行ノウハウ

    搭乗後すぐに取りかかれ!飛行機で眠るまえに済ませておきたい3つの作業
  4. すわん号

    長野県

    3.5時間でまわる諏訪湖畔スポット
  5. 万治の石仏

    長野県

    歴史・芸術・スピ・自然!秋の松本&諏訪3日間の旅
PAGE TOP