ラオス

ルアンパバーンのランタン祭はとってもロマンティック!オークパンサーの夜

 


オークパンサーの夜に灯篭で飾られた境内

ルアンパバーンにもランタン祭りがあるのです。

それは”オークパンサー”というラオスのお祭りの日

可愛らしいランタンで飾られたロマンティックなルアンパバーンの街。
ねぶたみたいな山車が練り歩き、川では灯籠流しも。

スアンパバーンに旅する予定があるならば、オークパンサー開催時期を狙うのがオススメ!

オークパンサーとは?

ひらたく言うと、雨季の間の僧侶の修行明けを祝うお祭りです。仏事の一環ですね。

オークパンサーとは
出安居(であんご)。
三ヶ月続いた僧侶の修業期間「雨安居(うあんご)」の終了日を迎えます。
ラオス語でオークパンサーと呼ばれるこの日の早朝には、各地で大規模な托鉢が行われます。
雨安居期間中には、在家であっても結婚を自粛する風習があり、オークパンサーを迎えると堰を切ったように、あちこちで結婚式が行われます。
オークパンサーの夜には寺院内でろうそくの行列が行われ、花やお香、ろうそくで彩られた灯篭がメコン川に流されます。
川に棲んでいると信じられている龍神への尊敬を表すものです。

(ラオス政府観光局サイトより)

オークパンサーの時期はいつ?

 9月か10月の満月の日
ということで、その年によって日程は変わる

う。ややこしい。

旅行計画段階で、旅行代理店やラオス政府観光局に問い合わせておくのが確実です。

街をあげての祭りの準備

ルアンパバーンに到着した午後、散歩していると街がどんどん賑わっている。

活気があるなあ、さすが世界遺産の街だなと思っていたのですが、なんだか街全体がウキウキしているような?

そう、今日はオークパンサーというラオスのお祭りの日でした!

旅前には現地の祝祭日を調べていますが、こんなお祭り知らなかった。webで調べてもあまり情報が出てこない。どうやら認知度は低いみたい。観光客向けというより、国民のためのお祭りだからかな?

街中がランタンで飾られる

軒先に吊るされた星型のランタン

ハスの花の灯篭軒先に並ぶ小さな灯篭

軒先に、たくさんのランタンが設置。ふつうの商店なのに(失礼!)可愛らしいなあ。

風船売りの少女

お祭りあるある?キャラクター風船売りの少女。

「ねぷた」に似てる? 舟型の山車

あちこちから運び込まれている、舟型の山車。ねぷたを簡略化したかんじ?軽い紙のような素材で作られている。カラフル。

山車を調整する若者たち

AIRASIAのドラゴン船

ひときわ大きい山車は、Air Asiaのもの。

山車を運ぶ若者たち

町内会かな?ワイワイしながら舟を運ぶ少年少女たち。

少年僧たちも準備中

ワット・マイでは、少年僧たちが準備中。等間隔に並べられていくランタンたち。ポップで可愛い。

お祭り準備をする少年僧

境内に並べられた灯篭灯篭を並べる少年僧たち

 

ケーキみたいな灯篭

街のいたるところで灯篭の露店が。製作しながらお店の場所取り中。灯篭はケーキみたい。

路肩で灯篭を売る女性

出荷されたばかりのたくさんの灯篭

ハート型の灯篭

お母さんと灯篭を編む少女

軒先でも製作中。お母さんのお手伝いをしているのかな。

夜19時、パレード開始

夜19時。ほど暗くなってきたら、みんなルアンパバーン国立博物館ちかくに集まってきました。

夜のワット・マイ

パレードを座って待つ人々

見学者も多いけれど、ギュウギュウで移動できないほどではなく、ゆったり鑑賞できる。見学者よりも船を運んだりパレードしたりする出演者のかたのほうが断然多い。どうやら参加型お祭りのようです。

大きい山車

いよいよスタート。お昼に見た、ねぷたみたいな舟型の山車もライトアップされている。メコン川まで運ぶそうです。キャスターがついているので、男性陣で転がしている。

山車で練り歩く人々

舟には踊り子たちも続きます。ゆる〜くランタンを持ちながら歩く地域もあれば、掛け声かけながら踊る地域もあり。多様。なんだか日本のお祭りと似ているな。

ランタン祭を楽しむ人々

ホテルの前の船

道の脇にある灯篭たち

ワットシェーンに担ぎ込まれる山車

最終的に、舟はワット・シェントーンに運び込まれました。最終的にはメコン川に浮かべるそう。そういうところも青森ねぷたと似ているね。

メコン川への灯篭流し・ブン・ラーイフアファイ

昼間見かけた、ケーキ見たいな灯篭を、メコン川に流します。灯篭は10,000kip(約132円)。

ケーキ見たいな灯篭

メコン川への灯篭流し

メコン川のほとりにて。真っ暗闇だけれど、皆のランタンで明るい。

灯篭をメコン川へ流す少年少女

メコン川へ流す。ルアンパバーン版「灯篭流し」

メコン川をたゆたう灯篭

たゆたう灯篭ひとつ

ケーキ型灯篭にのってローソクがメコン川を流れていく。とても幻想的な時間。

必見!ロマンティックなワット・シェーンのランタン

街中がライトアップされているルアンパバーン。
なかでも一番のロマンティックスポットは、こちら、ワット・シェーンだと言い切ります。
昼に少年僧が準備していた寺院です。屋根の上には綺麗な満月も。

ランタンで飾られたワット・シェーンワットシェーンのランタン

お花見たいなカラフルなランタン

ハートをつくる少年僧

ろうそくをハート型に並べる少年僧

寺院入り口では、少年僧たちがローソクでハートマークをかたどっていました。粋だなあ。

人気爆発の前に行くことをオススメ

どうでしょう?ルアンパバーンのオークパンサー、とっても素敵でしょう?

オークパンサーは仏事の一環のお祭りではありますが、とても幻想的でロマンティックな夜でした。

ランタン祭といえばタイのコムローイのお祭りが有名ですが、いつかルアンパバーンのランタン祭りもコムローイに並ぶときが来るかも?

認知度があがって観光客が押し寄せるまえに、ぜひゆったりと訪れることをおすすめします♪

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 表彰台に登ろう!第1回近代オリンピック会場”パナティナイコ・スタジアム”
  2. 過度の期待は禁物!?ちょっとガッカリした”ペトラ・バイ・ナイト…
  3. 海上の高層住宅群へ!軍艦島クルーズツアー乗船体験記
  4. 香港で美味しいクラフトビールが飲みたい!樽生・タップビールが飲めるおすすめビアバ…
  5. ツアー団体客のいない穴場の万里の長城なら慕田峪長城がおすすめ!どっぷり歴史ロマン…

関連記事

  1. エレファント・ランディング

    ラオス

    ルアンパバーンの1dayツアーは現地予約が安くておすすめ

    ルアンパバーンの郊外のみどころを1日でまわ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ピンクガネーシャ

    タイ

    週末海外!会社を休まずに行くバンコク最旬インスタ映えスポットをめぐる旅
  2. アンコールトム遺跡

    旅行記 年別まとめ

    OLだって旅したい!海外ひとり旅デビューした2016年は9ヵ国へ。仕事と旅は両立…
  3. GINGERカフェのソファ

    タイ

    チェンマイのおすすめカフェ!南国ロマンティックなGinger&Kafe…
  4. ネパール国旗を持つ陽気なおじさん

    ネパール

    3連休で行く弾丸カトマンズ!現地滞在たったの1.5日でもこれだけ楽しめる!
  5. ウルルのサンセット

    オーストラリア

    荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動
PAGE TOP